スポンサーリンク

英雄*戦姫WW プレイ日記7

ブラウザゲーム
スポンサーリンク

DMM GAMESの新作『英雄*戦姫WW』プレイ日記7。


前回の続き。



スポンサーリンク

メインストーリー1

メインストーリーの続き。海賊退治編。

海寇(カイコウ)とは、海上から侵入する賊──海賊の事。

王直は海賊の一員で、商売をしていた坂本龍馬とは当然知り合い。ヒミコとも取引をしていたらしい。指のお金マークと倒福が特徴的。

王直は中国の明代の貿易商人で倭寇、つまりは海賊。

海賊退治の大義名分があるとはいえ、王直からしたら味方と思っていた坂本龍馬たちにいきなり襲撃されたも同然。ちょっとかわいそう。

EUの提督ヴァスコ・ダ・ガマまで王直は捉えていたのか。もはや大問題で済ませられるレベルではないな。

というか、愛洲移香斎だの山田長政だの海賊にはジパング人が多く参加しているのか。EUの人間にバレたらマジでジパング討伐の流れになっちゃいそう……。

どうやら海賊を支援しているスポンサーがいる模様。金を持て余していて争いが好きな奴に、1人心当たりはあるが……。

ちょっとずつ雑魚戦でも2WAVEが増えて来たね。

ベラミー登場。前回はドルドルの実っぽい人がいたけど、今度はバネバネの実か。

この子もワンピースの奴も、元ネタは同じサミュエル・ベラミーかな。

海賊がEUの都市を襲うのは、スポンサーの指示らしい。

スポンサーは『お嬢』なる人物だった。てっきり香港を襲撃してきたあの悪魔みたいな娘なのかと思ったら全然違ったわ。

主人公たちの活躍により海賊団は解散。海賊たちは海域を追放処分になった。

ベラミーは解呪のアイテムを探しているようだ。ベラミー自身と知り合いが3人ほど呪いを受けてしまっているらしい。安倍晴明辺りに頼めばあっさり呪いを解いてもらえそうだが……そうでもないのか。

メインストーリー2

ペリーが来航。

すでにジパングは開国状態なので「開国してくださいよォ~」は聞けず。残念。

最新鋭の船に乗船して、いざ新大陸へ。

ハワイに襲来してきたヴィンランド海賊団との戦闘。どうやらハワイにある呪いの石を奪いに来たらしい。

どこもかしこも海賊ばっかだな、この世界。

コロンブスがUSAの代表なのか。ジョージ・ワシントンとかリンカーンとかじゃないのね。

USAはジパング勢に”インディアス”なる勢力の調査をお願いしたいそうだ。そんなもん自分たちでやれよと思わなくもないが、表立って対立するのは避けたいそうだ。

USAがインディアスに送った使者ビリー・ザ・キッドたちとなぜか戦闘に。どうして同じ勢力同士で戦わなければならないのか、コレガワカラナイ。

どうやら使者であるビリー達もインディアスから攻撃を受けたらしい。

牛を盗んだら怒られるのは当たり前なのでは、という常識は新大陸で通用しないのだろう、たぶん。


コメント