スポンサーリンク

ランウェイで笑って(6)

マンガ
スポンサーリンク

【芸華祭チーム作り編】パタンナーとしての才能。 & 【育人の家族編】母親の緊急手術。必要な大金。 & 【本選準備編】モデルは千雪。テーマは風。


タイトル ランウェイで笑って(6)
著者 猪ノ谷言葉
レーベル 講談社コミックス
初版発行 2018年8月17日


スポンサーリンク

あらすじ

芸華祭チーム作り編

本選はチーム戦

パタンナーとしてチームに参加しないか、と綾野に打診された育人。一方の長谷川は2次予選を通過できず、本選に出場できない事が決定的になってしまい──。


育人の家族編

遺書

本選の準備を進める育人だったが、妹のほのかからの連絡で病院に駆け込む。入院していた母親の病状が悪化し、緊急手術を行っていて──。


本選準備編

好敵手

「僕のショーに出てくれませんか」パリ遠征に失敗した千雪に、育人はそうお願いした。2人は協力して芸華祭への準備を順調に進める。しかしそこに、長谷川が現れて──。


—以下ネタバレ感想—

ぜひ実際読んでから、スクロールしてくださいね。

芸華祭チーム作り編

ボクのチームに入らないか?

パタンナーとして。

 

パタンナー勧誘編。

綾野は孤児だったらしい。フランスの孤児事情には詳しくないのだが、2歳児が路上暮らししなきゃならんようなお国柄だったっけか。

パタンナーとしての才能を買われ綾野のチームに誘われたけど、育人は断りました。素人目から見たら、デザイナーよりパタンナーの方がはるかに大変そうに見えるんだけど、そうでもないのかな。

3D空間把握能力の乏しい私では絶対無理だね。まぁそもそも服飾知識なんて欠片もないわけで、その時点でお話になりませんが(笑)。

 

ハリ
ハリ

とんでもなく難しそう……。

 

綾野と戦わなくてはならない2次予選参加者は、かわいそうですな。

長谷川落選編。

意外にも長谷川は、2次を突破できず。マネージャーを見返すどころか、それ見た事か、と鼻で笑われちゃいますよ。

まぁ補欠に近い形とはいえ、ちゃんと自力で突破できたんですけどね。努力がきっちりと実を結んでいます。

ちょっと急いで読んでいたせいか、69ページから70ページにかけてじゃっかんコマ割りの違和感を感じた。いやまぁ、私の読み方が悪かったんですけどね。時間軸が進んでいる事に、一瞬気付けなかったのが原因。


育人の家族編

なんで──。みんなしてそうやって──。

僕の大事なものと大事なものを天秤にかけて、奪おうとするんだ。

 

お母さん緊急オペ編。

育人の母親の病状は、だいぶ悪化していたらしい。子どもの前では弱み見せられないからね。育人が気付けないのも無理はない。

振るえた字の手紙が、病気の進み具合を表しているのがきつい。第三者の私が見ていてもそう感じるのだから、育人にとっては計り知れない思いがあったでしょうね。

46万払えというのは残酷ではあるけども、病院も慈善事業じゃないからね、仕方ないね。

育人仕事辞めるってよ編。

お金が必要になり、柳田や綾野に辞めさせてほしいとお願いする育人。

野暮な指摘かもしれないけど、これって辞める意味はあるのか。他のバイト入れるくらいなら、そのまま仕事してもよくね? とか短絡的に思っちゃうけど。少なくともコンビニバイトより安月給ってこたぁないでしょうに。

まぁ週2の柳田の仕事場より、週4~5のコンビニの方が儲けはいいのかもしれんがね。でも働き場探したり、履歴書書くのも面倒じゃないか。

大金を出す、と言って育人を釣ろうとする綾野と五十嵐。状況が状況だけに、さすがの育人も即拒否できません。綾野はともかく、五十嵐は高校生になんちゅー事頼んでるんだ。

育人がデザインした服を200万円で買い取ってもらえて、金銭面は一応の解決。1巻のお話が、ここで生きてくる話の構成はいいね。育人自身の能力で難局を乗り切るのが、なかなか熱い展開じゃないですか。


本選準備編

育人……ありがとう。

次は……好敵手(ライバル)だ。

 

そこまで一緒に準備しといてチームで出場しないのかよ、とちょっと思っちゃった(笑)。まぁでもこれはこれで面白い展開だけどね。

着拒されてヘコむ育人にちょっと笑った。

コメント