スポンサーリンク

Q.E.D.証明終了(49)

マンガ
スポンサーリンク

【無関係な事件】香港で起きた殺人事件。日本にいる就活生がなぜか巻き込まれた。 & 【ラブストーリー】学生時代に仕上がらなかった映画。45年後に、完成のメドが立つ。


タイトル Q.E.D.証明終了(49)
著者 加藤元浩
レーベル 講談社コミックス
初版発行 2014年10月17日
スポンサーリンク

あらすじ

無関係な事件

消えた犯人

香港で暴力団同士の抗争が勃発。”青海(チンハイ)”の首領が射殺される。犯人は逃げ場のない路地から忽然と消え失せた。犯人の正体に気づいた天木は、これをネタに犯人をゆすろうとする。東京のビルで清掃のバイトをしていた、笘篠はこのゆすり現場を目撃してしまう。天木は犯人の逆襲を受け瀕死の重症を負う。犯人の魔の手は、目撃者である笘篠にも伸びてきて──。


ラブストーリー

時を超えて映画の完成を

大学の映画研究会で、ラブストーリーを撮っていた。撮影は終了するものの、部長の蒲田は映画を完成させようとしない。「ラストが決められない」蒲田は結局、映画を仕上げられなかった。45年後。蒲田は水原の姿を見て、驚愕する。撮影していた映画に出演していた女優、吉沢にそっくりだったからだ。取り損ねたシーンの撮影をしたいとお願いされ、水原は映画の撮影に協力し──。


—以下ネタバレ感想—

犯人、トリックについても言及しています。

ぜひ実際読んでから、スクロールしてくださいね。

無関係な事件

その瞬間、思った。

「オレ、悪くねぇな」って。

 

犯人は、ラウ。

変装して、周囲の人間に紛れての犯行だった。

Q.E.D.ではたびたび登場する、中国の裏社会がらみのお話でした。

黒社会ってなんだっけ、と思って調べた。

黒社会
中国語圏において、種々の犯罪組織(マフィアやギャング)を総括して指すときの言葉、あるいは犯罪組織や地下経済およびそれらにより形成される社会を表す言葉。

現実世界でも、あんな普通の店に黒社会の連中がたむろしているのだろうか。中国、怖い……。

「撃つな!! 騒ぎになる!!」と叫んでいるけれど、車から発砲された時点で十分騒ぎになると思うが……。

カジノといえばラスベガスが有名だけど、マカオのはそこの7倍以上の売り上げがあるらしい。

人生で1度くらいはカジノに入ってみたい気がしなくもない。とはいえ、知り合いに昔連れて行ってもらった競馬で、500円くらいスッただけで大損した気分になる私では、賭け事は性に合っていないのかもしれない。

日本にもカジノ計画が持ち上がっていますが、はたしてどうなることやら。

カジノは1度作ったら経営は安泰、なイメージがありますが、意外と倒産するケースも多いらしいですね。

トリックは、変装。

シンプルでわかりやすいが、そんな手を使ってまで、自らの手で殺害したかったのだろうか。適当に部下を見繕って殺らせたほうが、のちの対処も楽だったような気もする。

実際銃声を聞いたことは、人生で1度もないのですが、相当な爆音だそうで。サイレンサーというのは、どれくらい音を抑えてくれるのだろうか。

アニメだと、スポン、という気の抜けた音がするけど、現実世界でもあんな音が鳴るのかな。

動画を見る限り、あまり消音機能が働いているように聞こえないのだが……。リアルで実演された方が、効果がよくわかるのかもしれない。

国によって救急車のサイレンの音は違うらしい。動画サイトに、いくつか投稿されていた。聞きなれているせいか、日本のものがやはり1番しっくり来る。

ズボンの尻ポケットに、6000円も入れる人はあまりいない気がする。拉致される危険を察知して、お金を忍ばせておいたのならたいしたもんだが。

内閣情報調査室の梨田、再び登場。

もはや、便利キャラと化しています。準レギュラーといって、差し支えないでしょう。甘党なのも変わらず。

「口の利き方に気をつけろよ」

ラウとやり合う燈馬。普段と違う口調だと、ちょっとワイルドに見えますな。もはや犯人の声音ですよ。

学生時代は、男にしては髪を長くしていた私だけど、今はもうバリカンでさっさと剃ってしまっている。美容院に行く手間も省けるし、30分もかからない。めちゃくちゃ楽でオススメ。

後片付けだけは、ちょっと大変だけどね。


ラブストーリー

とってもあなたらしい、いい映画でしたよ。

 

映画のラストは、決められなかった。

今わの際に残した言葉の真意は、それだった。

前半の裏社会の話とはある意味正反対の、ゆっくりとしたストーリーでした。

吉沢の容姿は、ポニーテールじゃない水原そのものですな。水原も黙っていれば美人なのに、と言おうと思ったけど、まぁ別にうるさくても美人は美人か。

できれば、現在の吉沢も見て見たかったところ。

 

ハリ
ハリ

今でもきっと、美人のままだろうね!

「映画、できなかった……」

紛らわしい言い回しを蒲田がしなければ、奥さんはすぐに真意がわかったのに……。まぁそれじゃ、お話にならないけどね。

「結末、決められなかった……」が最期の言葉だったら、水原も右往左往しなくてすんだのに。とはいえ、映画が完成に至ったのだから、結果オーライかもしれない。

超能力を鍛えるために筋トレが必要らしい。

手紙の差出人は、大泉。

由美を傷つけるかもしれないなら映画は完成しなくていい、という理由から。まぁ、気持ちはわかる。夫を失くしたばかりの由美に、余計な気苦労を与えるのは酷だしね。

映画の編集まで出来てしまう燈馬。とても、もんじゃ焼きを知らなかった人物とは思えない。

現状私は「理」も「美」も「愛」もないわけだが……。さみしい臨終になりそうです……。

以上、Q.E.D.証明終了。

コメント