スポンサーリンク

寄宿学校のジュリエット(10)

マンガ
スポンサーリンク

【東和国編③】休暇、最後の寄り道。 & 【監督生総会編】監督生選抜戦の幕開け。 & 【露壬雄とシャル姫と珈琲】シャル姫のアルバイト。 & 【バレンタインとジュリエット】ペルシアのチョコレートが行方不明に。


タイトル 寄宿学校のジュリエット(10)
著者 金田陽介
レーベル 講談社コミックス
初版発行 2018年10月17日


スポンサーリンク

あらすじ

監督生総会編

監督生を目指して

3学期の始まったダリア学園。ケガで休学していた玲音も復学し、なんと藍瑠のファグに決まったらしい。「白猫を学園から追い出す」玲音の目的は、犬塚が驚愕するものだった。一方、サイベルのファグになったペルシアを手助けすべく、スコットはレックスの元へ。ファグの地位をかけたソマリとの一騎討ちにスコットは挑む。それぞれの思惑が交差する中、監督生総会が始まり──。


バレンタインとジュリエット

チョコはどこに

2月14日、バレンタインデー。学園中がそわそわした空気に包まれる中、ペルシアは犬塚に渡すチョコの準備をしていた。昼休み、いざ犬塚にチョコをあげようとしたとき、ハプニングが発生。チョコが別の誰かの物とすり替わっていたのだ。「犬塚へ、ペルシアより」と印字されたチョコを誰かに見られるわけにはいかない。2人は急いでチョコの捜索に取り掛かるものの──。


他東和国編③、露壬雄とシャル姫と珈琲編。


—以下ネタバレ感想—

ぜひ実際読んでから、スクロールしてくださいね。

東和国編③

犬塚は……もう大丈夫なんだ……?

私はまだ……足りない……。

 

前回、東和国編終了と書いたけど、あと1話残ってた。

一時的な別れを惜しむ、2人のデート編。

ペルシアの方が我慢できずに抱き着くとは、2人の仲は進展したもんだと改めて実感。


監督生総会編

今、この時をもって、監督生選抜戦が幕を開けるという合図である──。

 

『露壬雄と玲音』『スコットとジュリエット』『露壬雄と監督生総会』『露壬雄と蓮季とファグのお仕事』。

いよいよ始まる監督生選抜戦。学園を変えるための、犬塚の第1歩となる戦い。

休学していた玲音が登場。黒髪長髪、ボクッ娘、黒タイツ、泣き黒子という属性マシマシの女性です。

黒犬に対しては友好的な彼女ですが、白猫には憎悪にも近い感情を持ちそれを隠そうともしません。同じ黒犬ではありますが、露壬雄の新たなる敵キャラですかね。

スコットは珍しく男気を見せました。前話で、靴置きにされていた男と同一人物とはとても思えません。ペルシアに対する執念や執着は、ある意味犬塚にも負けませんね。

男気で勝って女物に着替える。これもう、わからんな。

 

ハリ
ハリ

女装も結構、似合ってると思う。

 

藍瑠、胡蝶、手李亞、玲音、蓮季、犬塚。ケット、サイベル、レックス、アビ、ペルシア、スコット。

という、そうそうたるメンツでの監督生総会。胃もたれしそうなほど、全体的にキャラが濃すぎる。

生物が互いに刺激し合って進化することを、共進化というらしい。

犬塚と蓮季はきっと、互いに切磋琢磨しながら成長していくことでしょう。


露壬雄とシャル姫と珈琲

べっ、教えてあげないっ。

 

シャルのバイトのお話。

監督生選抜的に、学園から勝手に抜け出すのは危ないのでは、と思わなくもない。見つかったら評価がだだ下がりのような気もするが……。

まぁそれほど2人にとって、シャルが大事ということなのだろう。

くっ殺喫茶とは新しい。現実世界で見たら、絶対変な笑いが出ると思う。

犬塚がバカにされたら、怒ってくれるシャル。なんやかんや言いつつも、犬塚のことは認めているんですよね。


バレンタインとジュリエット

バーカ。

オレには、1個あれば十分なんだよ。

 

バレンタインのお話。

ひとバトル終わった後のようなボロボロのキッチンメイド。よー頑張った、あんたがMVPだ。

いまだにストライプとボーダーの違いがよくわからん。

ストライプが縦縞、ボーダーが横縞なんだよね? 調べてみるとボーダーが横縞扱いされているのは、日本だけっぽいですね。

RIPスコット、君のことは忘れないよ。

コメント