スポンサーリンク

英雄*戦姫WW プレイ日記11

ブラウザゲーム
スポンサーリンク

DMM GAMESの新作『英雄*戦姫WW』プレイ日記11。


前回の続き。

次へ



スポンサーリンク

イベント

新たなイベント『突入流人大陸』が開催された。

今度の舞台はオーストラリア。

ゲームの中でオーストラリアは、賑やかな国だけど希望を失った者たちが集う場所と設定されているらしい。

ああ、ゲーム内でもオーストラリアは流刑地扱いなのね。

かつて現実のオーストラリアも、流刑地として扱われていたのは有名な話。

イギリスは元々アメリカを巨大な流刑地として使っていたのだけど、1776年の『アメリカ独立宣言』によってアメリカはイギリスの手から離れてしまう。

これによりイギリスは、新たな流刑地を探し出さなくてはならなくなってしまった。

そこで目を付けたのがオーストラリア。

18世紀後半、イギリスはオーストラリアの開拓を本格化。目的は囚人対策と(先住民迫害を伴う)資源獲得のため。

1786年、イギリス政府はオーストラリアのボタニー湾に流刑植民地を建設すると決める。以降、ここが流刑地と定められたらしい。

なんかすごい厨二っぽい人が登場。どうやらダンテらしい。えーっと、イタリア都市国家フィレンツェ出身の詩人が元ネタか?

ちなみに戦闘終了後、ダンテを置き去りにした左の金髪女性はジャンヌ・ダルクだそうだ。オルレアンの乙女として有名な人が元ネタかな。

普通に喋れるんかい。

坂本龍馬が拾った銀貨は、『ハットリバー銀貨』。罪と砂との境界線に光の世から零れし品が並ぶ、奇異な店で使える通貨らしい。

大量の銀貨を所持していないとそもそも入れないお店だそうだ。というわけで、味方探しのついでに銀貨も集める事に。

どうでもいいけどダンテのセリフを考えるシナリオ担当さん、大変そう……。

ちなみにハットリバー銀貨の元ネタは、ハット・リバー公国の事だと思われる。

ハット・リバー公国の国旗

オーストラリア大陸西部にある広大な小麦畑を含む地域で、そこを独立国と主張する一派が存在しているらしい。

ハット・リバー公国の位置

(wikiより画像引用)

どうやら小麦の販売量割当をめぐって西オーストラリア州政府とモメて、レオナード・ジョージ・ケースリーさんが自分の土地をオーストラリアから独立させる事を宣言(1970年)。

自身が所有する75平方キロメートルの土地を「ハット・リバー公国」としたようだね。

なんとレオナードに対してオーストラリア歳入庁が納税要求した際には、レオナードはオーストラリアに宣戦布告までしてしまったそうだ(なお、数日後に停戦宣言を行った)。

国民は20人前後らしい。主要産業は観光、そして小麦や羊毛などの輸出なんだってさ。ついでに独自通貨まで発行しているそうだ。

まぁ当たり前かもしれないけど、ハット・リバー公国はオーストラリア政府から独立国としては認められていないし、国連にも加盟はしていない。

2019年2月にケースリーは亡くなり、息子さんが国を引き継いだそうだ。

国の政策に反発した農場主が勝手に作った独立国家が、50年経った今でも現存しているというのはすごい話だね。

アテルイによる奇襲攻撃。

えーっと、元ネタは平安時代初期の蝦夷の軍事指導者、か?

すごい勇ましい武人かと思いきや、アテルイは京都人マニアだったらしい。源義経と同じ空気を吸って大興奮した模様。さっきまでの勇ましさはなんだったんだか……。

泥棒たちが開く闇のマーケットがあるとか。

どうやらそこには江戸を騒がせた大泥棒、石川五右衛門が潜伏していたようだ。信長はずいぶんとおかんむりの御様子。

なお、仲間にするのに五右衛門の過去はたいして問題にならない模様。

まぁすでに、元海賊とか普通に仲間にいるしね。

ダンテの知り合いが刑務所にいるから、連れ出す事に。どうやら出所間近になるとわざとトラブルを起こして、刑期を自分から延ばしているらしい。

その人の名前はガリレオ。

元ネタは、東野圭吾氏の推理小説──ではなく、ガリレオ・ガリレイかな。

刑務所を出る条件として、ガリレオは大量の金を要求しているらしい。とんでもないやっちゃな。

しかも囚人を指揮してジパング軍を攻撃してくるとか……。この刑務所、どうなってんねん。

どうやらお金は天体観測の研究費に当てる算段だったらしい。

刑務所に留まっていたのも、ただ星の研究を続けていたからだそうだ。寝るにも食うにも困らないここは、研究には最適だったとか。なんとも面の皮が厚い天文学者な事で。

世界中を旅するジパング軍に同行するのは、世界各国で星の研究をするガリレオにとっても悪くない話。

というわけで、ガリレオが仲間になりましたとさ。


周回ステージ

今回はマップなしの周回ステージが用意されている親切設計のようだ。こういうの、欲しかった。

3WAVEあるけど、探索する手間がないので非常にラクチン。

ただAP効率を考えるのであれば、通常ステージでいつも通りの”低APぐるぐる周回”をしていたほうがいいのかもしれない(要検証)。


ガチャ

流人大陸ガチャを1回だけ回してみた。

ダンテ

イタリアの詩人、哲学者。神曲を書いた事で有名。

イベントストーリーでやたら目立っていたダンテを獲得。やったぜ。

ついでに、イベント配布キャラの紹介。

石川五右衛門

安土桃山時代の盗賊の首長。釜茹でにされた事でも有名。


次へ

コメント