スポンサーリンク

ランウェイで笑って 第5話 『吹きまとめ』

アニメ
スポンサーリンク

ランウェイで笑って 第5話『それぞれの流儀』 原作・・・猪ノ谷言葉 アニメーション制作・・・ Ezo’la 監督・・・長山延好 キャラクターデザイン・・・金子美咲 製作・・・MBS、ランウェイで笑って製作委員会



前回の続き。



スポンサーリンク

概要

タイトル ランウェイで笑って
作者 猪ノ谷言葉
監督 長山延好
放送期間 2020年1月~3月

放送実況(Aパート終了時)

ココナ
ココナ

育人も心も家族は4人兄弟構成らしい。

スコウ
スコウ

心は最初のファッションショーの時にデザイナー綾野麻衣に励ましてもらったから、モデルじゃなくてデザイナーを目指したくなったらしい。

ターヤ
ターヤ

↑ 綾野麻衣のショーに起用されるなんて、心はすごいモデルなんだな。

ニゼ
ニゼ

もう芸華祭の説明会なのか。展開が早い。

ヒカゲ
ヒカゲ

芸華祭ショーの商品は、ブランドの立ち上げの援助にパリ留学。ずいぶんと豪華だな。

ホトラ
ホトラ

心のマネージャーは、心に大学を辞めさせたいらしい。モデル一本で売り出したいようだな。

フシン
フシン

心、身長180センチを超えているのか。デカい。

ドキ
ドキ

心のマネージャーはずいぶんと高圧的な人みたいね。

ダフネ
ダフネ

心は自分のやるべき事をきちんとノートに取っているのか。家の中は裁縫一色だし、努力家のようね。

アネ
アネ

心も芸華祭のショーに出る気になったらしい。そんな簡単にエントリーできるものなのかしら。

イチハ
イチハ

育人母の容態、あまりよくなさそうですわね。

エダハ
エダハ

東京コレクションの時の態度の悪かったフィッターも芸華祭に参加するのか。

ケイア
ケイア

芸華祭の1次予選は、1/3スケールのドール用の服を作る事らしい。

ココナ
ココナ

育人は1万円の参加費、ちゃんと用意できたのか。

スコウ
スコウ

1次予選のテーマは、トップモデルセーラに似合う服か。これは難しそう。

放送実況(Bパート終了時)

ゾイヤ
ゾイヤ

周りは全員ライバル。でも育人は、助けてくれたお礼をちゃんと言いたいラシイ。

ココナ
ココナ

参加費の1万円を使って、自分で生地を買いに行くのか。

エダハ
エダハ

木崎香留は真正面から育人を握りつぶす気まんまんらしい。何が彼女をそこまで駆り立てるのか。

ウセン
ウセン

育人は布をつなぎ合わせるパッチワークを用いるらしい。安い布で済ませる気のようだけど大丈夫かな?

キルノ
キルノ

↑ 案の定、失敗したっぽい。トップモデルに似合う服を作るのに、安くは済ませられなかったか。

マシナ
マシナ

セーラの事を聞くには、同じモデルの千雪に聞くのが一番か。

ホトラ
ホトラ

千雪は家でもヒールを履いているのか。普段から努力は欠かさないらしい。

ヒカゲ
ヒカゲ

セーラは芸能活動もしているのか。

ニゼ
ニゼ

モデルには歩き方はもちろん、肩の動きや頭の動かし方までこだわるものなのか。恐ろしい世界。

ドキ
ドキ

千雪はパリまで行って仕事を探しに行くつもりなのか。すごい行動力。

ダフネ
ダフネ

千雪を見て、育人は何かに閃いたらしい。

感想(全体)

ターヤ
ターヤ

千雪はヒロインの座、心に奪われそうな勢いだな。

ゾイヤ
ゾイヤ

すごいとんとん拍子でお話が進んで行きマスネ。

スコウ
スコウ

心のマネージャーはずいぶんと高圧的な感じだったが、それだけ心をモデルとしてかっているという事なのだろうな。

ココナ
ココナ

セーラは身長、低めだったんだね。


関連商品


プチ感想

参加費のあたり、原作とはちょっと展開が違ってたかな。

あいかわらず、原作の消化スピードがマッハだね。


コメント