スポンサーリンク

眠れないほど面白い「秘密結社」の謎

資料本
スポンサーリンク

怪しすぎる、ゆえに胸おどる。

世界の裏で暗躍する彼らの世界。


タイトル 眠れないほど面白い「秘密結社」の謎
著者 並木伸一郎
発行者 押鐘太陽
出版社 三笠書房
初版発行 2013年5月20日
スポンサーリンク

秘密結社のルーツは、紀元前3000年前にあり。

忍者、と聞いて心おどる人も多いだろう。

戦国時代、侍たちの陰にうごめき、ひそかに諜報、暗殺などを行っていた隠密部隊である(事実はちょっと違うらしいけど)。

歴史の闇に隠れ、決して日の当たる場所にでることはない。それでも自分の使命を着実に遂行し、確かにそこに存在している。

そういった連中に、憧れをいだく人もたくさんいるはずだ。

だからこそ、世界で暗躍するとされている秘密結社は、世界中の人から支持されているのかもしれない。

一説によると、秘密結社の起源は古代シリウス信仰にまでさかのぼるらしい。

彼らの秘教が形は違えど、現代まで脈々と受け継がれているかもしれないと考えると、なんとも感慨深いものがある。

秘密結社の代表といえば、やはりあれ

みなさんは、秘密結社をいくつ言えますか。私は本書を読むまで、1つしか知りませんでした(日本限定組織でいいなら、忍者やお庭番などがありますが)。

やはり有名なのは、フリーメイソンでしょう。私が唯一知っていたのも、これでした。

世界中に数百万もの会員をかかえる友愛結社、フリーメイソンは、あらゆる歴史的事件の影で動き、また国家転覆をもくろんでいる団体ともいわれています。

日本にも、フリーメイソンの手は伸びています。2000人規模の会員が在籍しているそうです。

日本の本部がどこにあるか、知っていますか? 東京タワーの足元のビルにあるそうですよ。

 

マコ
マコ

フリーメイソンと紙幣の都市伝説は、有名よね。

 

イルミナティという組織も、陰謀論者の中では有名だそうです。

イルミナティ──正式名称を「バイエルン啓明結社」と呼ばれる彼らは、ロスチャイルド家などのバックアップをもとに、世界征服をたくらんでいるとか。

世界をまたにかけた秘密結社はたくさんある。

中世から存在するとされる、古代の英知で人を救う薔薇十字団

アメリカのイェール大学にあるスカル&ボーンズなどなど。

世界にはメジャーからマイナーまで、数多くの秘密結社が存在するのだ。

なんとも夢のある話である。

秘密組織以外も収録

本書ではフリーメイソンやイルミナティといった秘密組織はもちろん、それ以外のものについてもわかりやすく解説されています。写真も多く、見やすいです。

また世界規模の謎システムについての説明も入っています。

アメリカの秘密システム、全世界盗聴網エシュロンとは。

人類家畜化計画ブルービーム計画とは。などなど。

興味のそそられる方も多いのではないだろうか。

ぜひ本書を読んで、裏の世界に目を向けてみるのも面白いかもしれない(なお、本書を見たことにより、秘密結社から目をつけられても私は知りません。あしからず)。

コメント