スポンサーリンク

政宗くんのリベンジ

マンガ
スポンサーリンク

少年は誓った。自分を罵倒したあの女に復讐すると。

痩せてイケメンになり、あいつを俺に惚れさせてから無様にフッてやるのだ!


タイトル 政宗くんのリベンジ
原作 竹岡葉月
作画 Tiv
レーベル REX COMICS
初版発行 2013年5月5日
スポンサーリンク

アニメ化もされたラブコメ作品

『政宗くんのリベンジ』は、2017年1月~アニメ化された人気作品です。

短編集やスピンオフも発刊されています。

また2018年11月号より、『政宗くんのリベンジ after school』という、本編後の話が短期連載されているそうです(記事書いてて、初めて知った……)。

地獄のダイエットの末、イケメンが生まれた

見た目よし、性格よし、頭脳よし。当然、顔もよし。

そんな非の打ちどころのないイケメン高校生が、本作の主人公、真壁政宗(まかべまさむね)です。

女性なら誰でも惚れ、男性からは嫉妬の声が止まらない。そんな真壁には、ある秘密がありました。

幼いころ、彼はだいぶぽっちゃりしていました。

周りのいじめっ子からはいつも追いかけまわされ、泣いていました。

 

ハリ
ハリ

うぅ、かわいそうだよぅ……。

 

そんなとき、同い年くらいの少女に助けられます。

彼女の名前は、安達垣愛姫(あだがきあき)。

2人は仲良くなり、一計を案じ、いじめっ子たちを撃退することに成功します。

真壁にとっては、幸せな時間でした。

しかし、終わりは突然やってきました。

「──あんたなんか好きにならないわよ、”豚足”」

理由もわからず、真壁は安達垣にフラれ拒絶されます。

彼女に見捨てられた真壁は、いじめっ子たちからさらに苛烈にいじめられ、”豚足”という単語がトラウマになってしまいました。

「政宗はもううちには帰りたくありまちぇん……」

うちをでて信州の山奥のじいちゃん家にこもった政宗は、おやつをかっ食らいながらそう涙を流します。

「みかえしたければ、ここに住んでわしの言うとおりにせい!」

というじいちゃんの一喝により、真壁は地獄のダイエットを開始します。

何度もくじけそうになりながらも8年間、彼は地獄のトレーニングをやり遂げたのでした。

すべてはあの女、安達垣に復讐するために。

作戦名「デッド・オア・ラブ作戦」。

真壁はイケメンの復讐鬼となり、地元に引き返したのだった。

ヒロインは男嫌いのお嬢様

残虐姫。

それがヒロイン、安達垣の通称だった。

見た目よし、実家はお金持ちの安達垣の元には、告白してくる男子が絶えなかった。

そのたびに彼女は、その男の欠点にふさわしいあだ名を公に叫び、無様に男をフッていたのだ。

安達垣は男嫌いであり、告白してくる男子を、恥をかかせながらフる光景があちらこちらで見られるのだった。

だからこそついた呼び名が、”残虐姫”。

真壁の復讐相手はこのわがまま姫、安達垣なのだ。

当然、一筋縄ではいかない。

──と思うかもしれませんが、実はそうでもありません。

1巻の最後では、2人でデートするまでになります。展開はあっという間ですね。

 

ハリ
ハリ

テンポがいいと、読みやすいよね!

 

なぜこんな、とんとん拍子に話が進むのか。

それは真壁に強力な助っ人がいるからでした。

その助っ人の名前は、小岩井吉乃(こいわいよしの)。

安達垣の連れ人である小岩井は、なんと真壁の正体を看破していました。

真壁と安達垣が本当は幼いころ知り合っていることも、あの”豚足”のやり取りも、小岩井は把握しています。

自分の正体を見破られた真壁は最初、『終わった』と観念しそうになりました。

まさか安達垣の身近に、こんな伏兵がいるとは思ってもいなかったのです。これでは復讐が成就することはありえないでしょう。

小岩井が安達垣にちくるだけで、復讐計画はおじゃんです。

絶望した真壁でしたが、なぜか小岩井は彼に協力し、復讐をやり遂げる手助けをしてくれるのです。

普段は小動物のようにおどおどし頼りない小岩井ですが、裏の顔はナイフ片手に真壁にブービートラップを仕掛けてくるくらいの残虐性を秘めています。

どこか影を感じ秘密を隠している、そんな腹黒小岩井の協力の元、真壁は順調に復讐を開始するのだった。

タイトル詐欺……か?

リベンジ、という単語が題名に入っていますが、そこまでガチンコの復讐劇ではありません。

シリアスを求めてこの作品に手を出すと、えらい失望するかもしれませんね。

他のヒロインが出てきて安達垣が嫉妬したり、プール掃除をしたり、文化祭で奔走したりと、やることはラブコメのそれと大差ありません。

もっとも、Tivさんのかわいらしい絵柄を見て、マジもんのリベンジ劇場だと思う人は少ないかもしれませんが(笑)。

通常のラブコメものだと思って読んだほうが健全ですよ。

はてして真壁のリベンジは成功するのかどうか。

安達垣は真壁の正体をみやぶることができるのか。

師匠と呼ばれ、真壁とともに行動する小岩井の真意とは。

ぜひ実際に手に取って、確認してみてください。

コメント