スポンサーリンク

キノの旅 the Beautiful World

ラノベ
スポンサーリンク

記念すべき1番最初の記事は何にしようか、結構悩みました。

あれこれ候補はありましたがやはり自分にとって、もっとも思い出深い作品がいいなぁと考えこの作品にしました。


タイトル キノの旅 the Beautiful World
著者 時雨沢恵一
イラストレーター 黒星紅白
レーベル 電撃文庫
初版発行 2000年7月25日
スポンサーリンク

初めて読んだラノベにして、私をラノベ界隈に引きずり込んだ元凶

あれはたしか中学生のときでした。
当時、「小説なんてこの先、一生読むことはないだろう」と思っていた私は、マンガしか読まない人間だった。そんな私に姉が渡してきたのが、キノの旅の1巻と2巻でした。

「表紙はきれいだけど、どうせつまらんやろ~」とあなどっていたのを、よく覚えています。

そんな私でしたが、2巻を読み終えたその瞬間に、おこづかいを持ってツタヤに突撃しました。もちろん、続刊を買うためです(笑)。

それほどまでに、あの頃の私にとっては衝撃的な作品でした。

どんな話

キノという旅人と、相方であるモトラド(注・2輪車。空を飛ばないものだけを指す)のエルメスの、1人と1台があちこちの国を旅してまわるお話です。

1つの国には3日間しか滞在しない、というルールの元、キノたちは観光名所を見学したり、おいしいものをたらふく食べたりします。

ときには野盗に襲われ命を落としかけたり、逆に攻撃されたときは、キノが人を殺すこともあります。けっこうな頻度であります。

短編集なので、非常に読みやすい

キノの旅は短編集なので、少し時間ができたときに読むことができます1つの巻につき、7話~15話くらいはいっていて、けっこうなボリュームです。

社会問題をあつかったこむずかしいものもあれば、思わずくすりとしてしまうような小話もあります。

文体も非常に読みやすく、コミカルな表現も多いです。

1巻が出たのは、もうずいぶん昔だけど……

1巻の初版が2000年なので、人によってはかなり古いと感じ、敬遠してしまうかもしれません。そんな必要はありません。キノの旅は、今でも色あせない面白さを持った傑作だと(個人的には)思います。

この記事を執筆しているときでも、まだ原作の最新刊が出版され続けているのもポイント高いです。

特にまだ1冊もラノベを読んだことのない中学生高校生あたりには、いのいちばんにオススメしたいです。

 

サナ
サナ

ホントに読みやすいぞ。

 

過去の私のような「小説なんて読む気がまったくしない」マンガ至上主義な人にも、ぜひ1度手に取ってみてほしい作品です。

コメント