スポンサーリンク

ガールズシンフォニー:Ec ~新世界少女組曲~ プレイ日記1

ブラウザゲーム
スポンサーリンク

DMM GAMESの新作『ガールズシンフォニー:Ec ~新世界少女組曲~』プレイ日記1。




スポンサーリンク

概要

2019年12月5日。DMMで新しいゲームが始まりました。

タイトルは、『ガールズシンフォニー:Ec ~新世界少女組曲~』。

前作『ガールズシンフォニー』のリメイクバージョンかな。

ちょっと調べてみたけど、『ガールズシンフォニー』はサービス開始が2017年2月、サービス終了(長期メンテナンス突入)が同年9月だったみたいだね。

運営を変えての再出発という事で、お城のように盛り上がれれば誰にとっても幸せになれるだろうけど、はたしてどうなる事やら。

ちなみに私は、前作は少しだけしかやってなかったような気がする。かなり記憶は曖昧。

たしかこのゲーム、見た目にそぐわず割とダークな世界観で、敵の行動がそこそこエグい系の話じゃなかったかなぁ。


プロローグ

楽器を擬人化した音精(ニュムパ)と、作曲家を女性化した演奏家(パフォーマー)がいる世界の物語だっけか。

文明ギルドとの戦いで音楽魔術が危機に瀕していて、優れた指揮者(コンダクター=私)の力が必要のようだね

私、どうやらジレーネ音楽大学の落ちこぼれで、逃げに逃げてヴィエンナという街にやって来たらしい。こんな奴に世界の命運を託すつもりなのか。

画像の女性はたいそう若そうに見えるけど、ヴィエンナ音楽院の理事長代理を務めているそうだ。

文明ギルドは、音楽の力を独占しようとする悪い連中らしい。それどこのジャス──いやなんでもない。

文明ギルドは魔女狩りや異端審問を宣言し、言う事を聞かない連中を片っ端から弾圧しようとしているらしい。

音楽家を殺すためのロボット、インクイジション・オートマタをも開発してしまったそうだ。手荒いってレベルではないな。

文明ギルドの支配下にある地域は音楽が聞けないだけではなく、重い税制が敷かれるらしい。迷惑この上ない。

音楽文化をかけた文明ギルドとの戦いが始まる、という流れだそうだ。

  

初期キャラ3人娘。

無駄に──っていうのもあれだけど、キャラを選択しようとするとヌルヌル動くね。

えーっとマティアの元ネタはヴァイオリン(アマティの並び替え)、ヴァルンボンは(バルブトロンボーンの略?)、ニコレッタ・パガニーニは(ニコロ・パガニーニという奏者)だそうだ。

いや、元ネタはわかりにくいな、これ(笑)。まぁ、私が音楽方向の知識が疎いだけかもしれないけど。

とりあえずマティアを選択。

そして最初の10連ガチャへ。

アニー

アントニン・ドヴォルザーク。交響曲第9番「新世界より」などを作曲。

アレッサ

アレッサンドロ・スカルラッティ。バロック期のイタリアの作曲家。

フリーデ

フランツ・リスト。王政ハンガリー出身。ヨーロッパ各地で活躍。

プレスター

バセットホルン?

ヘンリエッタ

ハインリヒ・シュッツ。ドイツの作曲家、ドレスデン宮廷楽長。

マルル

アルトサクソフォン?

ユウ

三味線。日本の有棹弦楽器。

ルイーゼ

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン。ドイツの作曲家、ピアニスト。楽聖。

ルカ

フレミッシュチェンバロ。チェンバロの1種。

レナ

クレマン・フィリベール・レオ・ドリーブ。フランス・ロマン派の作曲家。

最初の10連はこんな結果だった。

プレイヤーによって排出されるキャラが違うのか、全プレイヤー共通なのかはわからない。

編成は12人で構成されるのか。他ゲーだと5人とか6人編成が多い中、このゲームはなかなかの大所帯だね。

前衛向き、後衛向きの武器種があるみたいだね。

まぁそれはわかりやすいんだけど、属性はこれ覚えにくいな(笑)。赤緑青は一般的だけど、なぜ紫がそこにいるのか。

キャラクターがうねうね動きながら戦う戦闘は悪くない。(前作と一緒なのかもしれないけど)BGMもいい。

カメラまでちょいちょい動き回るのは、人によっては酔いそうだね。

必殺技『音楽魔法』、切り札『黄金の旋律』なるものもあるみたいだね。

テッテテッテテテテテテ⤴、の音楽が流れた時は唐突過ぎてちょっと笑ってしまった。


パネルミッション

他ゲーでもよく見るパネルミッション。

比較的簡単にクリアできそうかな。


キャラあれこれ

事前登録特典キャラ

事前登録特典のセ=ラパンとドーラ・バルトークを獲得。

事前登録ガチャ

ルイーゼ、ルルーナ、リンガー、アンリを獲得。

ルイーゼはさっきのガチャで出たから被っちゃったな。まぁいいであろう。

引継ぎキャラ

こんな感じのキャラを引き継いだようだ。

前作はまったく覚えていないので思い入れは特別あるわけではないけど、星5とかまでもらえちゃうのは嬉しい限り。


ガチャ100連

いきなり100連も回せちゃうのか。

太っ腹なのか採算度外視なのか、どっちなんだろうね。まぁ素材も出るみたいだから、あまりキャラの排出は期待できないかもしれないけど。

さて、とりあえずガチャってみるか。

できれば最高レアの子が1人は来てほしい所ではあるが……。

提供割合は書いてないのかな。まぁいいんだけど。

        

1枚スクショミスった……。

残念ながら星4以上のキャラは1人たりとも出ず。まぁ無料ガチャなんてそんなものよね……。

続いて、こちらのガチャ。

石はいっぱいあるけど、まぁ今回は10連1回だけでいいかな。

シンバ「コンダクターもアタシのスティック捌きに惚れるとイイっす(意味深)」

星5キャラのセレスタを筆頭に、いい感じに星4キャラがたくさん来てくれたね。

最高レアリティである星5が5%、星4が30%という設定になっているようだ。なかなか良心的、と言っていいのかもしれない。まぁ同キャラはいっぱい重ねないといけないみたいだけど……。


リリース記念

ハルモニア第1部第1章クリアで、キャンペーンに応募できるらしい。

期間は1週間しかないから、ある程度考慮して進めないと応募できずに終わりそう。


イベント

もうイベントを開催しているのか。

イベント期間は14日までなのね。前述のリリース記念キャンペーンもやらなきゃだし、サービス開始直後からなかなか慌ただしいね。


コメント