スポンサーリンク

エンゲージプリンセス プレイ日記5

トップ ブラウザゲーム
スポンサーリンク

開発元はストレートエッジと電撃文庫。KADOKAWAが運営する『エンゲージプリンセス 〜眠れる姫君と夢の魔法使い〜』プレイ日記5。


前回の続き。



スポンサーリンク

イベント

キャラPICKUP紹介イベントの告知が来ていた。

それぞれの担当作家さんの腕の見せ所、といった感じか。ガチャの排出率も期間中はいじるのかもしれない。


キャラクエスト

ログインしたら、交流にマークがついていた。

マーリンのキャラクエストの第1話目が、解放されていた。何がキーだったのかはわからないが、きっとメインストーリーを進めたからだろう。

キャラ一覧を見る限り、全キャラのクエストが実装されているわけではないのかな。今後追加されていくのかもしれない。

上の紹介イベントうんぬんかんぬんは、ここで読めるようになるのだろうかね。


メインクエスト(第2章1)

この世界は大きく分けて、4つの世界があるらしい。

4分割的な言い回しをされると、某笑顔なカードアニメ主人公が思い起こされてしまうけど、このゲームではあんな悲劇は起きないだろう。たぶん。

そういえば最近、記録が更新されたらしいね──うん、まぁ、この話はこの辺にしておこう。


メインクエスト(第2章2-1~2-4)

2-1

 

第2章のシナリオは、白川嘘一郎氏が担当するらしい。メインシナリオだからといって、全部伏見氏が執筆するわけではないようだ。

ふと横をみれば、エルメスに乗ったキノが通り過ぎそうな場所での戦闘。

冒険者、ゴブリン、女の子だらけのパーティと、最近放送された某アニメみたいなシチュエーションですが、このゲームは健全ですので特になにもなく終了。

2-2

メインストーリーでは初めてとなる、2WEVA目に突入。そして、新たな敵コカトリスが出現。

セツナがコカトリスにマヒさせられたあげくゴブリンに殴られて退場するという、同人誌みたいな展開に。

2-3

メインストーリーでは初めての、3WEVEが出現。

特に何事もなく終了。ところで、コカトリスってそこそこ強い怪鳥というイメージがあるけど、こんなんが跋扈してるような世界観なのか……。

2-4(ボス)

いきなりスフィンクスが出てきて、ちょっと笑ってしまった。配下もなぜか狼男だし。そこはミイラとかじゃいかんかったのか。

気のせいじゃなかったら、『敵の詠唱を確認』というセリフが聞こえたような……。直後に倒しちゃったから確認できなかったけど、もしかして敵ボスも歌い出したりするのだろうか。


メインクエスト(第2章3-1~3-4)

3-1

初の5匹との同時戦闘。よかった、表示限度は3が限界じゃなかったんだ。

タチサレタチサレ、と言い出しそうなゴーストたちとのバトル。こんな得体の知れないもんに出くわしたら、クラリッサじゃなくても涙目で逃亡すると思う。

3-2

メアバットの色違いが出現。色をかえて属性をチェンジするのは、RPGの基本。決して、水増しではない。

3-3

まさかのメアバットの色違い、再び。

こりゃ、次のボスはメアバット(大)とかキングメアバットとかかもしれない。

3-4(ボス)

第1WAVEに、新たなメアバットが。いっぱい出てきすぎて、どれが新種なんだかわかんなくなってきた。

予想に反して、ボスはスフィンクスだった。

狼男をはべらせたかと思ったら、次は雄鶏に手を出すのか。スフィンクスもなかなか隅に置けない。


装備

そういえば、装備をまったくいじっていない事にいまさら気が付いた。

左の”装備”の項目を押し、装備変更をクリックするとこんな画面になる。

戦闘でいくつかドロップしたみたいだから、適当につけてみた。

    

とりあえず、体力が低い子たちにいい装備を与えてみた。誰かが体力0になって退場してしまうと、評価星3がもらえなくなっちゃうからね。

ざっと見た感じだけど、

このリボンが、HPが106も上がるので便利そう。全員分ほしいけど、どこで入手したのだろうか。


メインクエスト(幕間)

ここら辺は、ストーリー中心なので省略。

これが女神、ウルリラらしい。堂々と街中に看板を掲げているようで、なんとも自己顕示力の強い──もとい、自分の見た目に自信があるのかもしれない。

第2章5をクリアしたあたりから、シナリオが多く解放され始めた。メインだけでなく、サブストーリーもたくさん用意されているようだ。

とりあえず、メインシナリオを進めてみる。サブストーリーは期間限定で、先に進めたら閲覧できなくなるという事は……まぁ、たぶんないでしょう。


メインクエスト(第2章6-1~6-4)

6-1

いきなりボス戦。そろそろ、苦戦し始める頃合いだろうか。

信号機3人娘との邂逅。

この子たち、なんでそんなポーズ取ってるの?

魔法少女にも色々あるらしい。

『サンデーモーニング系』がいるのか。『スッキリ系』と『ひるおび系』とかはいないのかな。

年齢のわりにちょっと頑張っちゃったプリキュアみたいな3人との戦闘へ。相手の体力、めっちゃ高くないですかねぇ……。

背景の桜が、きれい。

めっちゃ強かったんですが、それは……。

装備いじった直後にこのありさま。装備付けてなかったら、たぶん負けてたね。どっかの誰かのマーリンも、お疲れさん。

やはり敵の詠唱も存在するみたいだね。アリーナでも、相手側が歌う事もあるのだろうか。

6-2


 

ソーサラーおじさんとの戦闘。いろんな色があってキレイダナー。

6-3

もうボス戦か……。

さっきのエセプリキュアたちが特別強かっただけだったのか、それともボスの強さはあれがデフォなのか。この戦闘でわかりますかね。

前哨戦のソーサラーおじさんたちを蹴散らしたその先に待っていたのは、機神兵だった。『アクセル・ワールド』のバーストリンカーみたいな見た目ですね。

特に何事もなく、ボコって終了。

やはり信号機娘たちが特別強かっただけのようだ。


コメント