スポンサーリンク

英雄*戦姫WW プレイ日記30

ブラウザゲーム
スポンサーリンク

DMM GAMESの『英雄*戦姫WW』プレイ日記30。


前回の続き。



スポンサーリンク

イベント

新イベント「アトランティスへの道・前編」がスタート。

今回の舞台はアトランティスなのか。

アトランティスは古代ギリシアの哲学者プラトンの著書『ティマイオス』などで登場する架空の島、および、そこで繁栄した帝国の事。

どうやら、後編で追加予定のミッションがプレイできてしまう不具合が出ていたようだけど、もう修整されたみたいだね。

アトランティス勢(と言っていいのかわからんが)は、見た事ない子ばっかりだね。なんかすごいケモい人がいるように見えるけど……。

状況がまったくわからないが、主人公たち一行は船の上にいてドラゴンの群れと戦っているらしい。

主人公たちと一緒にいるのは”海寇”と、アトランティス勢改め”ヴィンランド勢”か。

どうやらアルビダとベラミーとその仲間たちが、昔ヴィンランド海賊団が壊滅した海域へ行こうとしているらしい。

えーっと、アルビダとベラミーは以前ヴィンランド海賊団として活動していたんだっけ?

初代ヴィンランド海賊団は、海底遺跡に向かう途中にモンスターに襲われて滅んでしまったのか。

遺跡の中にはどんな異常も治す素晴らしいお宝が眠っているそうだ。

そんな事情があって、主人公たちもアルビダについて行く事になったんだね。

本来この一帯は穏やかな海のはずだったのだけど、最近何かがあってモンスターが跋扈するようになってしまったらしい。

海の下にいるモンスターを叩くため、安倍晴明の符を使って海底へ。

前にも登場したアイテムだけど、便利すぎないか、その水中に潜れるようになる符。

あら、懐かしい。プレスターの海底遺跡のいた人魚が再登場。

PJの国にドラゴンを呼び寄せていた子だっけか。

どうやらこの海域にモンスターがあふれかえっているのは、彼女が原因らしいが……。

海上で戦っていた連中が大きな衝撃を受けて、海に振り落とされてしまった模様。

今の状況、どうやら初代ヴィンランド海賊が壊滅した状況と酷似しているらしい。

はたしてこの海域で一体何が起きているのやら。それがわかるのはイベント後半か。


ガチャ

なけなしのラスト1回。前回引けなかったガウェインの1点狙い。

前はアーサーが4人も来るというわけのわからない結果だったが、ガウェインは引けなかったのよね。

今回で引ければバンバンザイだが……。

あっ、はい。

ガウェインは来なかったけど、まさかのヤマトタケルをゲット。そして新キャラがあと2人も来てくれた。

収穫はあったから、まぁよしとするか。

ジェシー・ジェイムス

アメリカ西部開拓時代のガンマン、無法者。世界初の銀行強盗に成功する。

ヤマトタケル

日本武尊(やまとたけるのみこと)。言わずと知れた、日本の古代史における伝承上の英雄。

レイフ・エリクソン

アイスランド生まれのノルマン人航海者(ヴァイキング)。「幸運なるレイフ」というあだ名を持つ。


コメント