スポンサーリンク

Alice Re:Code アリスレコード プレイ日記3

ブラウザゲーム
スポンサーリンク

DMM GAMESの新作『Alice Re:Code(アリスレコード)』 プレイ日記3。


前回の続き。



スポンサーリンク

イベント

特超級

イベントに、特超級が追加された。

超級の時点でだいぶ敵の攻撃が激しかったけど、クリアできるかな?

こちらが今のパーティ。

属性とか無視して、高レアを詰め込んだだけ。

できれば一色で染めたパーティの方がいいのかもしれないけど、同じ色で固められるほどキャラが獲得できていない。

1人やられちゃったけど、クリアできた。

もっと苦戦するかと思いきや、意外や意外。

この間までと違って、ちゃんと装備を鍛えたのがよかったのかもしれない。

不思議級

続いて、不思議級に挑戦。

星3を獲得はできなかったけど、こちらもすんなりクリアできた。

絶対に苦戦すると思っていたので、じゃっかん拍子抜けではあるけど突破できてよかったよかった。

まぁここから地獄の鬼周回が待っているんですけどね……。

スキップとかスキル使用オートがないと、正直きつい。

スキル使わずに余裕で勝てるならまだ我慢できるけど、放っておくとこっちが負けちゃう難易度だしね……。

周回と言えば、こっちも消費しないといけないのか。

ロード時間を含め1周およそ30秒、ぶっ続けでやったとしてもそこそこの時間を持ってかれるのよねぇ……。

まぁ全部消化できなくても、最低限イベントキャラだけゲットできればいいか。


装備

 

表記は0%だけど、実際は小数点以下の確率で以下略。

そこそこゴールドをつぎ込んでガチャを回したけど、星5の装備は残念ながら2つしか排出されなかった(笑)。

まぁ確率からいえば2つ出ただけマシか。


メインストーリー

ちょっとだけメインストーリーをやって来た。

えーっと、主人公がいると午後の森の門が開くとかそういう話だったっけかな。

門の向こうには未踏破の次階層と、謎のウサギがいるらしい。

DINAの使命は『異空間と現世をつなぐワームホールを探して対処する事』もしくは『不思議の国を完全なコントロール下に置く事』らしい。

敵と戦うステージなのかと思ったら、ポエムっぽい詩を見せられてちょっと笑った。

そういえば『不思議の国のアリス』は、作者であるルイス・キャロルが知り合いの少女”アリス”に即興で話した物語が元になっているらしい。

それがのちのち世界中に多大な影響を与える出版物となるのだから、世の中わからんものだね。

なるほどなるほど。

ソフィーが言うには、あまりこの世界の事を深く考えない方がいいらしい。

最初にこの空間に入った人が科学者で、ここの事を頭で考えすぎたから真っ先にワンダラーになってしまったらしい。

それニスノンズじゃねぇの? いや、さすがに違うか。

ストーリーの所々に選択肢が表示されるけど、選択によって相手の返答が結構変わるものもあるっぽいね。

”真っ先にワンダラーになったうんぬんかんぬん”は、選択肢を変えたら聞けなかったわ。

こうして、次のステージが解放されましたとさ。

自軍メンバーが強化されているから当然といえば当然なんだけど、敵がめっちゃ弱い(笑)。ノーマルくらいなら、このまま最後の方まで行けちゃいそうだね。


コメント