スポンサーリンク

食べないお嬢と魔術学園の料理番 ラノベ実況 『吹きまとめ』

ラノベ
スポンサーリンク

第31回ファンタジア大賞金賞受賞作品。魔術学園で評判の料理番と、他人が作った料理を食べられないヒロイン。魔術と包丁が入り混じる、バトルファンタジー。


タイトル 食べないお嬢と魔術学園の料理番
著者 駿河ゲンゾウ
イラストレーター Harcana
レーベル ファンタジア文庫
初版発行 2019年1月20日


スポンサーリンク

あらすじ

料理人とお嬢

世界1位の魔術大国、アレサ王国。そこに建つクライエス魔術学園は、かつては”最高峰の魔術学園”と称されたが、今では別の事で注目されていた。それは料理。食堂にいる凄腕料理人カイルが出す料理はどれも絶品であり、学園案内で1番目立つ紹介に料理が推される始末だった。「おかしいでしょ!?」生徒会長のレクティアは、異常なほど、この事態を憂慮していて──。


吹きまとめの説明は、こちら

吹きまとめキャラの一覧は、こちら


—以下ネタバレ実況—

ぜひ実際読んでから、スクロールしてくださいね。

概要

サナ
サナ

今回の実況作品は『食べないお嬢と魔術学園の料理番』だ。

ホトラ(X目
ホトラ(X目

お腹のすきそうな作品だな。

サナ
サナ

本作品は、第31回ファンタジア文庫大賞で金賞を獲得した作品だ。料理と魔法を組み合わせた、わりと珍しい設定作品だな。

ネウン(片閉
ネウン(片閉

この本読んだら、料理の勉強になるのかしら?

レト(泣
レト(泣

↑さすがにならないと思います……。

ネウン(驚
ネウン(驚

↑そ、そうよね。

シイラ(笑
シイラ(笑

面白ければ、なんでもいいよ!

インコ
インコ

↑ シイラは小説だと、すぐ寝ちゃうけどね……。

アン(和み
アン(和み

小学生にラノベはまだ早いかもね。

アディ(目回
アディ(目回

大学のレポートが忙しい時は、本の字を読むのも嫌になっちゃう。

インコ(片閉
インコ(片閉

イラストも綺麗だね……。

レト
レト

イラストレーターの方、なんと読むのかな?

サナ
サナ

ハルカナ、と読むらしいぞ。


序章

アン(笑
アン(笑

第一印象最悪なところから始まるなんて、王道ね。

シイラ(驚
シイラ(驚

いきなり斬りかかるなんて、びっくりした!

ネウン(笑
ネウン(笑

2人だけで食堂を回しているなんて、若そうなのに偉いわね。

シンク(困り
シンク(困り

有無を言わさず、いきなり攻撃するのは淑女としてはどうなのかしら……。

ウセン(笑
ウセン(笑

↑ まぁ、ラノベのよくある展開ですし。


1章

イチハ(X目
イチハ(X目

ラーメン、おいしそうですわ。

シイラ(♡
シイラ(♡

戦闘もなかなか燃えるぞ!

マシナ(笑
マシナ(笑

お色気シーンも外さない。なかなかツボを押さえた作品じゃないか。

レト(片閉
レト(片閉

↑ 女の子の肌あっての、ラノベですから。

ウセン(泣
ウセン(泣

ラーメンがもったいない……。

アン(両閉
アン(両閉

↑ 食べ物を粗末に扱うのは、考え物ね。

シイラ(X目
シイラ(X目

↑↑ 食べ物落としても3秒以内なら食べていいって、この間、トビに教えてもらった!

アディ(困り
アディ(困り

↑ 汚いから食べちゃダメよ……。

インコ(和み
インコ(和み

ロザリーがかわいい。


2章

シイラ(炎
シイラ(炎

戦闘が多くていいな! 主人公が強いのは燃えるぞ!

マシナ(炎
マシナ(炎

そうだね。ヒロインを助ける主人公はかっこいいよね。

クヤ
クヤ

女性が鞭で打たれるシーンを、小学生に読ませていいのかしら……。

シンク(笑
シンク(笑

↑ まぁ大丈夫でしょ。あんまりおせっかいな事考えすぎると、オバサンって言われるわよ。

クヤ(驚
クヤ(驚

↑ オ、オバ──。

シンク(片閉
シンク(片閉

まぁ、道を聞いてきた人にも注意しなきゃダメってのは覚えておいた方がいいかもね。特に小学生組は。

シイラ(X目
シイラ(X目

↑ はーい。

インコ(X目
インコ(X目

↑↑ うん

ハイリ(X目
ハイリ(X目

↑↑↑ コクコク(首を振る音)

ネウン(笑
ネウン(笑

主人公は、オルディネの元序列1位なのね。

アネ(驚
アネ(驚

↑ 意外な展開ね。

シンク(両閉
シンク(両閉

(↑ 大方の人は、主人公がオルディネの関係者だろうなと予想してたと思うけどね)

アディ(両閉
アディ(両閉

(↑↑ まぁ、アネさんらしいよね)

フシン(和み
フシン(和み

極晄刃(エンハンサー)って、なかなかかっこいい。

フシン(泣
フシン(泣

でもグロテスクなのはちょっと……。死体がいっぱい出るのはきつい……。

レト(♡
レト(♡

↑ そうですか? 私はもっとグチョグチョの死体が見たいです。拷問シーンも物足りないくらい。失神するくらい叩いてほしかった。

ネウン(困り
ネウン(困り

↑ あなたのスプラッタ趣味には、誰もついていけないから……。

イツシ
イツシ

ヒロインのピンチに駆けつける主人公。王道中の王道ですな。

インコ(X目
インコ(X目

わ、私も王子様に助けてもらいたい……。


3章

アネ(泣
アネ(泣

うう……。ティア、食べ物が食べられるようになってよかったね……。

イチハ(困り
イチハ(困り

↑ アネさんが、もう泣いてますわ……。

レト
レト

カイルだけのとはいえ、ティアがもう他人の料理を食べられるようになっちゃったね。

ミタキ
ミタキ

↑ てっきり、1巻のラストシーンに持ってくるのかと思った。

インコ
インコ

16回も誘拐って……。怖い……。

クヤ(片閉
クヤ(片閉

↑ あなたも注意しないとダメよ。

ネウン(困り
ネウン(困り

ヴァルダがカイルに目を付けたみたいだけど、大丈夫かしら。

フシン(泣
フシン(泣

↑ もうグロいのはやめて……。

レト(片閉
レト(片閉

ゴア描写、来ないかなぁ……。

シイラ(困り
シイラ(困り

うーん、面白いけど眠くなってきちゃった……。

シンク
シンク

↑ シイラは文字に弱いわね~。

シイラ(困り
シイラ(困り

お休み……。ZZzz……。


4章

シャラ(炎
シャラ(炎

敵との本格的な戦いだね。

フシン(片閉
フシン(片閉

反魔術の使い手は、なかなか手ごわいね。

ミタキ(両閉
ミタキ(両閉

戦闘中にちょっと喋りすぎじゃないかしら……。

マシナ(X目
マシナ(X目

↑ まぁそこらへんは、よくある事だから……。

アネ(泣
アネ(泣

カイル、死んじゃったかと思った……。びっくりした。

シンク(和み
シンク(和み

(↑ まぁ、主人公だから死ぬわけないけどね)

インコ
インコ

今の序列1位は、ティアのお父さんなの?

レス
レス

↑ そうみたいだね。ティアの殺害命令を下したのもお父さんだったみたい。

イチハ(泣
イチハ(泣

↑どんな理由があれ、自分の大切な娘を殺そうとするなんて、許せませんわ。


5章

アディ(両閉
アディ(両閉

カイル、うちの大学も粉々にしてくれないかしら……。

アネ
アネ

↑ アディ、最近疲れてない? 大丈夫?

シンク(困り
シンク(困り

↑↑ 疲れはお肌の敵よ。

フシン(両閉
フシン(両閉

(大学生、なりたくないなぁ……)

レト(X目
レト(X目

きっちり敵を殺す主人公は好き。だけど血が、血の要素が足りないの!

フシン(両閉
フシン(両閉

↑ 大人しくB級スプラッタ映画でも見てなさい。

イチハ(困り
イチハ(困り

↑↑ (レトの将来が心配ですわ……)


終章

アネ(泣
アネ(泣

ティア、料理が食べられるようになってよかったねぇ……。

フシン(困り
フシン(困り

↑ アネさん、また泣いてる……。

マシナ
マシナ

↑↑ はい、ティッシュ。

アネ(泣
アネ(泣

↑ あ゛り゛が゛と゛う゛……。

ホトラ
ホトラ

つーかこれ、完結しちゃってるけどいいのか? 続編出るとしたら、どうするんだろ。

シンク(X目
シンク(X目

↑ 次巻が同じ題名だと、タイトル詐欺になっちゃう。

クヤ(片閉
クヤ(片閉

↑↑ そこはまぁ、なんとでもなるでしょ。『満腹お嬢と魔術学園の料理番』でいいんじゃない?

イチハ(困り
イチハ(困り

↑ せっかくの食べられない設定が……。

マシナ(困り
マシナ(困り

メイのお父さんの真実は、なかなか意外性があったね。

レス(困り
レス(困り

↑ お金は人を狂わせるんだね。

クヤ(両閉
クヤ(両閉

↑ マコがいたら「当然だ!」と言いそうね。

ウセン
ウセン

↑ あの人は金の亡者だから……。

ミタキ
ミタキ

料理は双方の信頼があってこそ、というのはいい言葉ね。

マシナ(両閉
マシナ(両閉

私も料理の勉強、またしようかな。

シンク(泣
シンク(泣

↑ あなたはキッチンを爆発させるから止めて……。

ホトラ(片閉
ホトラ(片閉

とりあえず今日の晩御飯は──。

アディ(笑
アディ(笑

ラーメンで決定ですね!


はい、というわけでラノベ実況でした。

吹きまとめでやってみたかった1つが、この実況風記事を作ってみる事だったんですよね。この分量で4時間くらいかかった……。

あんまり内容に触れすぎると、翻案権に引っかかりかねないから塩梅が難しいね。まぁ濃密に内容を書いているわけではないから、これくらいなら大丈夫だと思うけど……。

キャラの設定とか口調とか、絶対間違えるわ、これ……。


最近私が購入するラノベといったら既存のシリーズものばかりで、新しい本を買う機会がめちゃくちゃ減っていたんですよね。

そんな時に目に入ったのが、この作品でした。あらすじが面白そうだったので、とりあえずポチってみたとかそんな感じです。

料理と魔法の融合という設定はいいね。最近新しいラノベを買っていなかった私が、あらすじを見てわりとすんなり購入したんだからたいしたものですよ(笑)。イラストもグッド。

ただストーリー自体は、悪く言えば普通、よく言えば王道だったかな。特段、目新しいところはなかったかもしれない。

次巻が出るなら読みたいけど、どうなるんだろうね。最近ってどれくらい売れたら、2巻を出せるんだろう……。

コメント