スポンサーリンク

政剣マニフェスティア 2020-7-13

ブラウザゲーム
スポンサーリンク

復刻戦挙。ラストプレミアムガチャ。おまかせボタン。コルネ・イノウエ完全体。サービス終了、目前。サービス終了。クラウドファンディング、スタート。クラウドファンディング、成功。


前回の続き。

おしまい?



(DMM版政剣マニフェスティアがサービス終了してしまったので、本来であればこの記事はしんみりした気持ちで思い出でも振り返るはずだったのですが……。クラファンの動きが面白すぎて、そんな暗澹たる思いは完全に霧散してしまったね(笑)。まぁそれはそれとして、きっちりと区切りを付けるためにちゃんと記事にはしていくつもりだけど……)

スポンサーリンク

復刻戦挙

とりあえずサービス終了までに、やり残した事を1つずつクリアしていくかな。

      

まずは復刻戦挙のオールクリアを目指すか。

私が政マニ休止状態だった時に行われたイベント、および復帰後に行われたいくつかのイベントはまだ完全制覇していないのよね。

見よ、この復刻挑戦券の余り具合を。

私がいかに、復刻戦挙を放置していたのかがよくわかるね。いやまぁ、意外とこういう総理、結構多いのかもしれないけど……。

復刻攻略を開始したのが、2020年7月10日(サービス終了当日)の午前2時くらいだったかな。

      

あれよあれよという間に、復刻戦挙完全制覇。

所要時間はどれくらいだっただろうか。正確に計ってはいなかったけれど、攻略しながら半沢直樹総集編を見ていて、ちょうど浅野支店長が土下座した辺りでオールクリアしたから、1時間40分くらいかな。

これにて復刻戦挙も終了。やるべき事が1つ片付いたか。

……。

…………。

………………いや、ちょっと待てよ。

よくよく画像を見ると、これでは完全制覇とは言えないのではなかろうか。

EXキャラが全キャラ下限に達していないではないか!

と気付いたのが、午前4時くらいだったかな。

サービス終了したら2度とプレイする事はないであろう、ブラウザ版政マニ。最後は有終の美を飾った状態で終わらせたい所。

全員分のポイントをためるのにいったい何時間かかるのかわからないけれど、せっかくだから挑戦してきた。

             

     

お、終わった……。私は成し遂げたぞ……。

何時間かかったのかはわかんないけれど、永遠とリピート再生して見ていた半沢直樹総集編において、浅野支店長が追加で3回くらい土下座していたシーンを目にしたはずなので、5時間前後かかった事になるのかな。

サービス終了の当日に何やってんだと思わなくもないが、まぁこれも思い出作りの一環だと思えば悪くはない(意識を朦朧とさせながら)。

まさか復刻挑戦券を使い切るとは思わなんだ。

まぁ完全制覇もできたし、これで少しは晴れやかな気持ちでサービスの終わりを迎えられるかな。


ラストプレミアムガチャ

最後のプレミアムガチャを引くか。

本当は任命券、10枚で綺麗に終わるはずだったのだけど、なぜか21枚あるというね(笑)。原因は復刻戦挙の報酬で、11枚ほど任命券がもらえた事なんだけれども。

景気よく、SSRが排出されないかなぁ。

  

うーん、残念。SSRは来なかったか。

ユノ・オザキはSSR任命券でお迎えしようか最後の最後まで迷っていた政霊(結局取らなかった)だったので、ここでSSRがゲットできれば劇的だったのだけれど……。

まぁ人生、そう上手くはいかないか。

そして我がコッカのプレミアムガチャのトリを飾ったのは、ローズマリー・ヤシロとなりましたとさ。

これにて、プレミアムガチャは完全に閉店となりました。

政マニは20連で天井(20連してSSRが出なかった場合、ランダムでSSR政霊を1人ゲットできる)という、ある意味狂った設定だったのよねぇ。

総理的にはめちゃくちゃありがたい設定だったけど──でもそれが、もしかしたら結果的にサービス終了を早めてしまったのであれば、手放しには喜べないシステムだったのかもしれないかな……。


おまかせボタン

我がコッカのおまかせ編成は、こういうメンバーで組閣されるみたいだね。

このおまかせボタンは結局最後まで、なんで実装されたのかよくわからなかったね(笑)。まぁ面白いから、別にいいのだけれどね。

記念に、通常戦挙区のラストステージを攻略してきた。

こういう記念カードを用意してくれるのも、政マニの良い所よね。


コルネ・イノウエ完全体

もうサービス終了まで時間がなくなって来たので、ありったけの覚醒結晶をつぎ込んで、お気に入りの政霊コルネ・イノウエの能力を完全覚醒してきた。

富豪総理じゃないから、コストダウンのために覚醒結晶を使う事はなかなかなかったのよね。

好きなキャラの能力を伸ばしきれて、余は満足じゃ。


サービス終了、目前

リリース1000日の時にもらったこのアイテムは、結局使わずに放置する事にした。

こういうの、なんか使いにくいよね。

餅は結局、全部使いきる事ができなかった。

訓練島で全部消費しようと、時間ギリギリまで挑戦し続けていたけど無念なり。まぁ残った餅はサービス終了後にナイカクあたりが食べてくれるでしょう、きっと。

こちらが、ブラウザ版政マニにおける私の最終記録。

正確に把握していないけれど、休止期間を除くと、だいたい3年半くらいのプレイ記録となるのかな。まぁまぁ悪くない結果なのではなかろうか。

余った餅を全部消費しきれれば、レベル最大のキャラはもう少し増やせそうだったかな。まぁいまさら言ってもしょうがないか。

サービス終了まで残り時間はわずか。

もっと政剣をプレイしたかったなぁ、とかいろいろと思う所もあるけれど、とりあえずは穏やかな気持ちでサービス終了を迎えられそうだね。

やり残した事ももうないし、あとはノーマルガチャでも回して時間を潰す事にしようかな。

SR以上が排出されたものを掲載。

       

…………は?(右下の画像)

うっそだろ、お前!!

最後の最後で、SSRのユッカ・ウエハラをゲット。これは嬉しい──とか言っている場合ではない!

私はここ数日、政剣のいろんな画像を保存しまくっていて、

こんな風に、手持ちキャラの全レアリティの表情差分を保存していたのだ(めちゃくちゃ時間かかった……)。

全員分の撮影を終わらせて、穏やかな気持ちでサービスのラストを迎えられるはずだったのに……。

ちなみにSSRユッカ・ウエハラを入手したのは、

サービス終了の2分前!!!!!!

もうそこからの私は鬼気迫る勢いだったよ。

震える手を抑えながら、ホーム画面に置いておいたコルネをいったんどかし、SSRユッカに変更。そしておにぎりキャプチャーで急いでホーム画面を画像保存して、ついでに密会での表情もゲット。

それが終わったら超特急でホーム画面をコルネに戻し、そこでサービスの終了時刻を迎えた。

最後の最後で、とんだ伏兵がいたもんだぜ……。

いや、まさかこんな時間ぎりぎりにノーマルガチャからSSRが飛び出してくるとは思ってなかったわ。

穏やかな気持ちでサービス終了を迎えるつもりが、最後の2分間は今年1番焦ったね(笑)。まぁ無事に画像が撮れたのだからよしとするか。

最後もちゃんとコルネ・イノウエに戻せたから、大団円でしょう。


サービス終了

さて、政剣マニフェスティアは、2020年7月10日をもってそのサービスを終了する運びとなりました。

4年半という、DMMのブラウザゲームとしては大変な長寿作品となり、たくさんの総理の胸の中に刻まれる良作だったと言えるでしょう。

運営さん、長期のサービス提供、本当にお疲れさまでした。

紆余曲折、様々なトラブルもあったと思いますが、こんなにも面白いゲームを長期間に渡り提供し続けてくれたことには、感謝の念しかありません。

……。

……。

……。

いや、なんだろう。なんか違うな。

なんというか、その、本来であれば記事の最後の締めとして、運営さんへの謝辞やゲームの思い出なんかを羅列して終わらせるはずだったのだけれど、後述する(クラウドファンディング関係の)事柄のインパクトがあまりにもでかすぎて、少しでも湿っぽい事を書こうとすると、とたんに嘘っぽく思えてきちゃうね(笑)。

これはあれだな。ブラウザ版政マニの感想は、サービス終了してから数時間以内に書くべきだったな。少なくとも、間をあけてから記事を書こうとしたのは失敗だったかもしれない。

まぁ何も書かずに終わるわけにもいかないので、ボチボチ何か書いていくか。

ブラウザ版『政剣マニフェスティア』の終了が公式ツイッターで告知されたのが、6月10日の事だったか。

前日の9日に発表された次のイベントタイトル”政なる剣マニフェスティア”という単語を見て、「まさかサービス終了しちゃうんじゃ……」と、総理界隈はずいぶんとざわついていたよね。

私個人も、まだサービス終了はしないだろう、と高をくくっていたので、実際にサービス終了の文字を見た時はそれなりにショックだったかな。

それ以前にも、政剣の運営を危ぶむ総理の声はツイッターとかでもちょくちょく見ていたけど、正直私はまったく心配してなかったしね。

ただ、私が唯一、少しだけ違和感を感じていたのは、

この『マッドカクタス 怒りのロッキーどん』のイベントの時だったかな。

このイベントのストーリー、本来であれば大乱島で語られるべきものだったのに、唐突に通常イベントにぶっこんで来たから何事かと思ったのよね。サービスの終了が決定していたから大乱島に実装できなかった、と今から思えば納得の理由だったわけか。

まぁこのイベント当時は、まさかサービス終了が秒読み段階に入っていたとは思いもしなかったけど……。

でも本来のサービス終了は、本当だったらもう少し後だったんじゃないかなと個人的には妄想している。

4月の時期にすでに水着コスチュームが用意されていたし、謎のアイドル衣装が突如実装されたり、よくわからんムーブが今年度に入って頻発していたからね。

サービスの終了が予定より早まってしまったから、こんな無茶なスケジュールになってしまったのではなかろうか。まぁ、なんの意味もない妄想だけど。

サービス終了の原因は、1にも2にも課金額が減少してしまったからなんだろうね。

まぁ、正直、課金する場所少なかったよね、このゲーム。

ほぼ唯一の課金箇所である新キャラ実装時には、DMM謎ランキングでは1桁台に上がれていたけど、平時だと50位とかにいたからね。

政マニが終わってしまって残念だと思っている私でも、ここ最近まったく課金してなかったし。

いやだって、昔かなり課金していた時の副産物がいまだに余っているから、お金を入れなくても政霊石を使えば、新キャラが(SRなら)苦も無くゲットできちゃっていたからさ(笑)。

政霊石は常時1500以上余っていたし、餅ですら200以上持ち余していたからね。私レベルでそんな状態なのだから、重課金勢は本当に課金する所が少なくて困っていただろうね。

そこらへんなんとかうまく課金場所を作る事ができれば、サービスは継続できたのかもしれない──けど、それが簡単にできるのであれば、全てのブラウザゲー運営はウハウハか。やっぱり、課金周りのシステムは構築が難しいのだろうね。

個人的に思い出深いマップは2つ。

誰もが1度はつまづく2-5『美しき、毒』。

サービス開始当時、ここ相当難しかったよね(笑)。運営さんも、だいぶ考えてヤトーの出現タイミングとかを設定していたのがよくわかる。

ここをクリアできた時は、本当に嬉しかった。

そしてもう1つが、宇宙戦挙区S1-2『リス虎の猛威!』。

もうね、マジで思い出したくない(笑)。政マニ史上、ここが1番難しかったかもしれない。

一見すると単純なステージに見えるかもしれないけど、モチベウェーブの繋がり方が独特で、右下を攻略してから中央、そして左上に繋げないといけないというのがね。

さらに、(のちに緩和されたけど)ただでさえ難易度の高いステージなのに、強制赤ギアモードが付随するというね。

マジで地獄みたいなステージだったわ。

ここを攻略するのに、7時間以上ぶっ続けで攻略するハメになったからね(笑)。まぁだからこそ、完全勝利した時の達成感はすごいものがあったけれども。

人によっては宇宙戦挙区は微妙という人もいるっぽいけど、個人的には攻略するのはかなり楽しめたかな。

敵のボスヤトーのあれこれそれとか、なかなかユーモアがあったしね。

ただ若干の不満点というか、サービス終了で残念な点は、宇宙戦挙区のストーリーの続きが読めない事かな。

ジョウニンの目的とか、”もう1人の総理”とか、そこらへんの謎が放り投げっぱなしで終わってしまったのは本当に残念でならないね。

”もう1人の総理”というのは、『政霊を率いていた総理がヤトー側に闇落ちした違う世界線の姿で、それがテクノードが作っている次回作の主人公』とか少し妄想したけど、ばかばかしいので途中で考えるのをやめた。

そういえば話は変わるけど。

私は政霊の個別ページの記事を作っていたのだけれど、どの政霊のページが1番閲覧数が多かったと思いますか?

計算してないけどざっと見た感じ、閲覧数の平均はだいたい80くらいかな。

上位は、

ヨルディス・マツオカの172

コートニー・マツシタの181

マリアン・オオヒラの183

ビッキー・トウジョウの196

そして、それらの政霊を抑えて断トツの1位だったのが、

シータ・アベの305

という結果でした。

シータが1位とは、これは意外。いやぁ、不思議だなぁ。なんでだろうなぁ(まぁ、名前がアベだから、見に来た人が多かったのだろうけどね……。怖い)

あんまり長く書いてもしょうがないので、そろそろ締めに入るか。

4年半前、事前登録もなく突然始まった『政剣マニフェスティア』。

謎の圧力によっていつ消されるかわからないと言われながらも、浮き沈みの激しいDMMゲームの中で4年半ももったのは、ひとえに、他に類を見ないゲームの面白さがあったからかな。

私もそこそこいい歳だし、ブラウザゲームにここまで熱中する事も、ガチャにお金をツッコむ事も、未来永劫もうないかもしれない。

そういう意味ではこの『政剣マニフェスティア』は、私の人生における至高のブラウザゲームとなる可能性は非常に高い。

本当に楽しいブラウザゲームだったと思う。

世界一面白いブラウザゲームだったと思う。

可能性は低くても、また再びブラウザゲームで政霊たちと出会える事を願わずにはいられないね。その時は『政剣マニフェスティアリダイブ』もとい、『政剣マニフェスティアリコール』として復活して、ひと笑いとってほしい所かな(笑)。

最後に、

政マニ運営の皆様、関係者の皆様、イラストレーターや声優の皆様、全国の総理の方々、長い間、本当にお疲れさまでした!


クラウドファンディング、スタート

さて、サービス終了を迎えたその当日。スチーム版として蘇るためのクラウドファンディングがスタートした。

最低1000万円が集まれば、スチーム版として復活が確定。

1300万円があれば、ボイスの転用が可能に。

1500万円があれば、いろいろ内容が拡充できるらしい。

1000万円というのはなかなかハードルが高そうだし、初見時は「いや、無理だろ……」というのが正直な感想だったね。

是非とも復活を果たして、他のブラウザゲームの良き前例として伝説を残してほしい所だけど……。

クラウドファンディングの期間はおおよそ2か月。

全国の総理は9月を笑って迎えられるのかどうか、非常に楽しみだね。


クラウドファンディング、成功

早いよ!!

うっそだろ、お前ら。

ちょっと、全国の総理の資金力、甘く見てたわ……。

即オチ2コマかよ。

まさか開始2時間も経たず最低金額の1000万、1日も経たずに1500万円の集金が完了するとは誰が予想していただろうか。

いや運営さんも全国の総理も、誰1人この結果は予想していなかっただろうよ、マジで。

これだけの資金力があればサービス終了しなかったのでは……という考えが一瞬頭をよぎったけれど、まぁそれはそれ、これはこれという事なのだろう。

っていうかこの記事を書いているときにはすでに、1700万円も突破してるしね。

意外過ぎる結果に、本当に開いた口がふさがらない(笑)。

というかあのですね、私まだクラウドファンディングに参加できてないからね? みんな行動が早すぎませんかねぇ。

まだ給料日が来てなくて出資が出来ていない人、それなりの数がいるのではなかろうか。

はたしてこのクラファン、どこまで膨れ上がるのだろうね。

ちなみに、次のストレッチゴールも検討されているみたい。このまま何事もなくスムーズに進行してくれればいいのだけれど……。

頼むから、排出率がたわし50%トルーディ50%のガチャの時みたいに、全国の総理が白目を剥く設定にするのだけは勘弁願いたい所ではあるが……。

堅実に、堅実に行きましょうね……。

政マニをやった事ない人向けに「政マニにはこんな感じのキャラが実装されているんですよ」と言った感じで、関係ないおじさんのページをツイートしようかなと思ったけれど、なんか逆効果になりそうだからとりあえず思いとどまったわ。

政霊以外に、なんかおっさんの写真がいっぱい貼ってあるページなんか見せたら、ドン引きされそうだし(誰か、あのページをツイートしたい人がいたら止めないけどね)。

クラウドファンディングが成功したのを見てからこの記事を書き始めたから、そりゃ悲しい気持ちも吹き飛ぶってものですよ。

祝、政マニ復活。

総理たちの、政霊たちの、運営さんの戦いは、まだまだ続きそうですね。

これが最後の政マニ記事にするつもりだったけど、クラファンの動きが面白すぎるから、まだもうちょっと何か書くかもしれない。


おしまい?

コメント