スポンサーリンク

ランウェイで笑って(8)

マンガ
スポンサーリンク

【芸華祭、育人編】世界を巡るファッションショー。意外なフィナーレ。 & 【芸華祭、千雪・長谷川編】急造チーム。育人との真剣勝負へ。


タイトル ランウェイで笑って(8)
著者 猪ノ谷言葉
レーベル 講談社コミックス
初版発行 2018年12月17日


スポンサーリンク

 

あらすじ

芸華祭、育人編

最後の1着

ついに始まった育人のショー。コンセプトは、”世界を巡る”。イギリス、北欧、イタリアと目まぐるしく変わる衣装で、観客は魅了される。芸華祭の評価基準は、メインの服1着としている。メインの服は最初か最後にする事がほとんどであり、多くの人がフィナーレはファッションの原点フランスだろうと予想していた。しかし育人がフィナーレに持ってきたのは、意外な衣装で──。


芸華祭、千雪・長谷川編

努力の結果

急遽タッグを組む事になった千雪と長谷川。性格が真逆の2人、その相性はお世辞にもいいとは言えなかった。何度も衝突しながらも、2人は互いの力を認め合い最高のショーに向けて準備を進めていく。「急造チームに何ができる?」長谷川のデザイナーの夢を諦めさせたい五十嵐はそう侮っていた。そんな彼女が見つめるランウェイに現れたのは、あまりにも予想外の光景で──。


—以下ネタバレ感想—

ぜひ実際読んでから、スクロールしてくださいね。

ファッション用語集

パラッツォパンツ
ボリューム感のあるゴージャスな感じが特徴。
ジャージ
ジャージー編み素材を利用した伸縮性のある衣服。
レイヤード
重ね着の事。

芸華祭、育人編

育人、よかったよー!!

 

ついに始まった、育人のファッションショー。コンセプトは、”世界を巡る”らしい。

ファッションに関しては、私に知識がなんもないため正直よくわからん。ぱっと見ただけでどこの国の衣装か判別できるのはすごいな。

そんな無知な私でもショーに迫力を感じる事ができるのは、作画や演出のおかげか。初の単行本化がこの作品らしいけど、作者さんの力量がすごいのかもしれない。

自分の子どもがあんな立派なショーを成し遂げたら、そりゃ泣きますわ。

前巻の分も含め、育人のショーは3話くらいで終わってしまうのか。少し意外。もう少し見てみたかった気もする。


芸華祭、千雪・長谷川編

わたしはモデルとして勝てる可能性がある……!!

わたしはまだ……挑める……ッ。

 

急遽チームを組む事になった千雪と長谷川のお話。

前巻ではあまり語られなかったこっち側の物語でしたが、これでもかと言わんばかりに描写されましたね。というか、この巻の主役は育人ではなく、こっちの2人だったかな。

性格が違いすぎて何度も喧嘩をしていた彼女たちでしたが、お互いの力量を認めて名前で呼び合う仲に。女性の友情? 物語もいいよね。

形はちょっと違うかもしれないけど、ステージ上でモデルが着替える演出は実際にあったっぽいですね。ファッション知識に乏しい私からしたら、こういう面白い演出の方が印象に残るだろうね。

あの衆人環視の中、何往復もするのは疲れるでしょうね。本来何人ものモデルを起用するところを千雪1人でもたせるのだから、彼女の疲弊は相当なものだったでしょう。名もなきフィッターさんもお疲れ様。

千雪の放つオーラに、セイラは要警戒モードに。ライバルとして認知されそう。長谷川がデザイナー志望と知った時の態度といい、だいぶセイラは黒いな。

千雪もファッション誌の編集長に目を付けられたっぽいし、長谷川ともども、このショーでだいぶステップアップしたかな。

綾野の出番は次巻。予告の綾野チームが完全に悪の軍団にしか見えない……。

コメント