スポンサーリンク

Q.E.D.証明終了(6)

マンガ
スポンサーリンク

【ワタシノキオク…】燈馬の妹、来日。万引き犯に間違えられた彼女を救えるか。 & 【青の密室】スカイダイビング中に殺された男。1年前に死んだ女性の怨念?


タイトル Q.E.D.証明終了(6)
著者 加藤元浩
レーベル 講談社コミックス
初版発行 2000年4月14日
スポンサーリンク

あらすじ

ワタシノキオク…

兄妹、再会

燈馬の妹、優(ゆう)が来日。優は、水原の家にお泊り。2人は、想の昔話をする。「私が両親を独占したから、想は誰かに愛されるとか、そういうの何も感じなくなっちゃったのかも」と優は憂う。考えすぎだよ、とさとす水原に、優はこんな話を。「昔イチエンという飼犬がいなくなった時、想は一緒に探してくれなかった」翌日、買い物中に、優が万引き犯に間違われてしまい──。


青の密室

新幹線と正面から当たるのと同じ衝撃

地上でスカイダイビングの講習を受けている燈馬と水原。空中では、4WAY日本代表の方々が練習していた。すると1人垂直落下しているメンバーが。自動安全装置が作動し、失神したと思われるそのメンバー、野牧は地表へと落下。燈馬たちも落下地点。すると先に到着していたメンバー、諸川が、野牧のパラシュートを外し絶句していた。野牧の背に刃物が刺さり、絶命していて──。


—以下ネタバレ感想—

犯人、トリックについても言及しています。

ぜひ実際読んでから、スクロールしてくださいね。

ワタシノキオク…

相手のことが大事だった……。相手のことが好きだった。

その気持ちさえあれば……きっと忘れない……。たとえもう2度と会えなくても……。

なにもさびしくない。新しい世界に向かって行ける。

 

イチエンを殺してしまったのは、家政婦のヒーラさん。そして原因を作ったのは優本人。

トイレをさせるため、優はイチエンを外に出していた。テレビに気を取られていた優は、そのことを失念していた。外にいるはずのないイチエンを、無警戒だったヒーラさんは車で轢いてしまったのだ。

燈馬は不愛想に見えることもあるけど、ちゃんと優しい人間なんですよね。妹を空港までちゃんと迎えに行くし、優が万引きしたとはまったく考えもしない。

論理人間の燈馬が、理屈抜きで妹を信頼している。あの水原さえ、ちょっと妬ける、と言わしめるほどです。

イチエンの件も、優をおもんばかっての行動でした。

『ブレーメンの音楽隊』って、名前しか知らないんですよねぇ。

ブレーメンの音楽隊
鳥、猫、犬、ロバの4匹が、ブレーメンで音楽をやろうとする物語。

神社の巫女さんに優のアリバイを証言させ、彼女の無実は証明された。

想はイチエンの死を、一瞬で看破した理由は、アジサイの花。

イチエンの首にはいつも、日本円の1円がかけられていた。イチエンが埋められていた場所にはアジサイが咲いており、その1円のアルミ成分に反応し色を変えてしまっていたからでした。

すぐ気付くとは、さすが燈馬というべきか。

あの万引きされた店の、横柄な店長の謝罪シーンが描かれなかったことだけが不満点でしょうか(笑)。焼き土下座コースですよ、あれは。

まぁ、ちゃんと詫びの品まで出しているので、根っこが悪人ではないのでしょうが。店の商品を盗まれたとなっては、頭にくるのもわかります。

もちろん1番悪辣なのは、万引きしたうえに優を殴り飛ばしたあの女性たちでしょうがね。


青の密室

オレだって他のみんなと同じように彼女のことは好きだった。もし野牧が本当にそんなことしたならオレが殺してやるよ。

 

犯人は、魚脇。

1年前、辻を殺したのは、今回の被害者野牧だった。

野牧はパラシュートに細工。それを本当は熊倉に装備させるつもりだった。熊倉を殺し、辻を手に入れようとしたのだ。

しかし実際、細工したパラシュートをつけたのは辻で、彼女は死んでしまった。

魚脇は、辻を殺した野牧が許せず殺害したのだった。

辻さんと熊倉さん、かわいそうですなぁ。

マルファンクとか、マジで怖いでしょうね。

マルファンク
パラシュートが完全に開かない状態。

被害者の野牧には、同情の余地はありませんね。どうせなら辻さんと同じように、地面にたたきつけてやればいいのに、と過激なことを思わなくもない。

被害者である野牧は、スカイダイビングをする前、ヘリの中ですでに殺されていました。しかし野牧はヘリの中で会話していたという。

 

ハリ
ハリ

どういうことなんだろう?

 

そのトリックは、名前を使ったものでした。

ヘリの中は爆音であり、声で誰かは判別できない。しかもヘルメットをしているため、誰が誰だかわかりにくい。

それぞれ腕に苗字の腕章をしている。それを魚脇は利用したのだ。

nomaki

uowaki

2人の苗字は線対称と非常によく似た状態になっており、腕章をひっくり返すと人物を誤認させられる(aはパソコンでうつと対称には見えないけど……)。

魚脇は自分の腕章をひっくり返し野牧に、野牧の腕章を魚脇に見えるように反対にして細工したのでした。

まぁこういうのは、「そのためにこういう苗字つけたのかぁ」と思ってしまうと冷めちゃう方もいるかもしれませんね(笑)。私はあんまり気にしないけど。

スカイダイビングにむりやり連れていかれる燈馬。ニュートラルポジションの練習をさせられて恥ずかしそうにしているシーンはほほえましい……いえ、かわいそう。

とはいえ、証拠確保のためとはいえ、ちゃんとスカイダイビングをこなす燈馬は、やはりかっこいいですね。

次はエベレストに連れていかれそうになりますが……。

さすがに山はシャレにならなそう……と思ったけど、すでに冬山で遭難しかけてましたね(笑)。

2人なら、イモトさんもびっくりの登頂を成し遂げるかもしれません。

以上、Q.E.D.証明終了。

 

コメント