スポンサーリンク

Q.E.D.証明終了(23)

マンガ
スポンサーリンク

【ライアー】嵐の中をつき進むクルーザーの中で起きた奇妙な殺人。容疑者全員にあるアリバイの謎。 & 【アナザー・ワールド】リーマン予想を証明すると宣言した数学者が行方不明に。


タイトル Q.E.D.証明終了(23)
著者 加藤元浩
レーベル 講談社コミックス
初版発行 2006年3月17日
スポンサーリンク

あらすじ

ライアー

台風に巻き込まれ、そして……

妹の優に呼ばれ、台湾にやってきた燈馬と水原。燈馬の父母が来るという。しかし父母はなんと、勝手に沖縄に行ってしまった。急いで沖縄に行こうとするも、飛行機も船も乗れず。途方に暮れていた3人。そこに燈馬の知り合い、ライアンがやってきた。ライアンに借りを作りたくなかった燈馬だったが、水原と優におされ、彼のクルーザーに乗せてもらうが──。


アナザー・ワールド

数多の数学者が挑む難問

「私が”リーマン予想”を証明する」2年前、燈馬にこう言った数学者がいた。その数学者は、レフラ博士。現在。燈馬と水原、ロキはアメリカにいた。そのレフラ博士が行方不明になったという。燈馬たちは博士の家へ。そこで燈馬たちは、不思議な4行詩を見つける。燈馬たちはその後、博士の娘、妻、恩師、親友を訪ねた。それぞれ博士から、ある絵を受け取ったと言い──。


—以下ネタバレ感想—

犯人、トリックについても言及しています。

ぜひ実際読んでから、スクロールしてくださいね。

ライアー

トーマ、会社を起こし上に立てば恨みを買うこともある。

それをコントロールするのも仕事さ。明日になれば驚くような結果が待ってるぜ。

 

犯人は、バリー。

犯人はバリーの単独犯であり、動機はベスを守るため。

ベスがライアンを殺害したと勘違いしたバリーの手によって、本当に殺されてしまったのだ。

かの有名なアガサクリスティの『あの作品』みたいな話、に見せかけた、まったく違うお話でした。

ライアンの体には5か所の傷がついていた。そして容疑者は5人。それぞれがそれぞれのアリバイを主張している。

この状況だと、ある仮説が浮上しますよね。

全員が結託し、1人1刺しでライアンを殺害。お互いをかばい合うというトリック。

しかしそれはミスリードでした。

 

ハリ
ハリ

ひっかけだね!

 

そもそもこんな事態になったのは、ライアンが原因でした。

”自分を殺したいほど憎んでいる相手をコントロールする方法”

ライアンは、こんなことを考えていました。

”自分が殺人罪に問われる恐怖を与えること!!”

ライアンは自分の体に血のりを塗り、死を偽装。その状態で5人を1人ずつ自分の部屋に招いた。

ライアンに激しい憎悪を抱いている彼らは、自分が殺人犯ではないか、と周りに疑われる恐怖を抱くことになる。

そんな恐怖と不安に陥れることこそが、ライアンの企みだったのだ。

こんな悪だくみをしなければ、命を落とすこともなかったのに。

策士策に溺れると言いますか、余計な計画を立てなきゃこんな事態にはならなかった。とはいえ、ライアンにはあまり同情はできませんかね。

ベスの件はともかく、いじめの加担はいかんでしょ。

ベスとバリーのディープキスを見せつけられて、照れてる水原と優、いいね。

ついに燈馬のお父さんお母さん登場か、と思わせてそんなことはなかった。勝手に沖縄に行っちゃうとか、さすが燈馬の両親といったところか。


アナザー・ワールド

3人とも博士の生活に立ち入り、仕事をさえぎった。博士はそれが、我慢できなかったのでは!?

あなたはこう言われました。

”彼は何かを終わらせたいと考えていた。私にはその気持ちが痛いほどわかった。”

あなたが察したのは、レフラ博士の研究に没頭したいという気持ちだ。

 

レフラ博士は、生きている。

娘、妻、親友はそれぞれの理由で、レフラ博士の研究の邪魔をしてしまっていた。

だから博士は姿を消したのだ。自分の研究に専念するために。

 

ハリ
ハリ

博士は集中したかったんだね。

 

レフラ博士の死の偽装をしたのは、恩師。

博士の意を組み、協力してくれたのだ。

ちょっと難解過ぎんよぉ。23巻中、1番難しいお話では?

正直、初見ではよく意味がわからなかった。もう1回読んでも、よく意味がわからなかった。

あの詩はそもそも、博士の絶望をうたったものではなかったそうです。

頭脳明晰な燈馬による、数学的見地から推理によると、あの詩の本当の順番は、

『私は王になり全ては零になった』
『私は死を選ぶ。知る限り無限に近い場所で』
『私は未知の世界へ旅に出た』
『私は無限の地でドラゴンを倒す』
となるとか。

これは、失望の王の再生の詩。これがレフラ博士のメッセージだったらしい。

正直、わからん。

数学の単語が出てきても、今まではおまけ程度の扱いがされていることが多かったのですが、このお話ではがっつり絡んできますからね。アホなわたくしめには理解が及ばない。

スキューズ数とか、

スキューズ数
素数の個数に関する研究において用いる極めて大きな数。10の1兆乗の1兆乗の100億乗の桁を持つ。

わけわからん。

せいぜい4色問題くらいが、私の許容範囲かもしれない。

4色問題
厳密ではないが日常的な直感で説明すると「平面上のいかなる地図も、隣接する領域が異なる色になるように塗り分けるには4色あれば十分だ」という定理。

禁断の領域に手を伸ばしかけた燈馬を心配する水原。

リーマン予想は人を狂わせる。その話は何度も聞きました。

リーマン予想
リーマンゼータ関数の零点が、負の偶数と、実部が 1/2 の複素数に限られるという予想。150年以上、誰にも解くことができない超難問。証明できれば1億の賞金が出る。

MIT時代、燈馬が研究していたのがリーマン予想であることを知っている水原は、はっきりと燈馬を止めることができない。

「大丈夫、向こう側には行きません」

燈馬の言葉を聞いて、心底安心する水原。

そうそう、こういうのでいいんですよ、こういうので。

以上、Q.E.D.証明終了。

コメント