スポンサーリンク

Q.E.D.証明終了(20)

マンガ
スポンサーリンク

【無限の月】中国マフィアの抗争。リーダー格4人による循環殺人の真実とは。 & 【多忙な江成さん】遺産相続問題。おばあちゃんの恋人の秘密。


タイトル Q.E.D.証明終了(20)
著者 加藤元浩
レーベル 講談社コミックス
初版発行 2005年2月17日
スポンサーリンク

あらすじ

無限の月

亡くなった友人からのメール

中国マフィア”西興社(さいこうしゃ)”のリーダー的存在だった3人が殺される事件が発生。西興社の幹部に胡(フウ)という男がいた。彼は燈馬の友人だったが、すでに死亡している。その胡からなぜか、燈馬当てにメールが届いた。『φの場所で待つ』そうメールには書かれていた。燈馬が言うには、胡がφを空集合以外の言葉で使うとしたら、それは””らしいのだが──。


多忙な江成さん

70歳のおばあちゃん

探偵同好会会長、クイーンの祖母が70歳の誕生日を迎えた。家族総出で祝うが、彼らにはある心配事があった。それは最近、祖母に彼氏ができたらしいことだった。もし結婚ともなれば、財産は配偶者に取られてしまう。それを家族は恐れていた。誕生日会中にもおばあちゃんは、家電やメールで彼氏とのやり取りはかかさず、ひっきりなしにメモを取っていて──。


—以下ネタバレ感想—

犯人、トリックについても言及しています。

ぜひ実際読んでから、スクロールしてくださいね。

無限の月

月だ!! お前が見たのよりスゲェぞ!!

見ろよ、手が届く!! オレもあれを見ながら生きて……。

 

すべての黒幕は、胡。

胡は病気で死にかけていたが、マフィアがドナーの心臓を用意。心臓をやる代わりに、胡の医療技術で闇の商売を手伝えと持ちかけていたのだ。

燈馬の昔話+海外ものなお話でした。

燈馬の数学論は、かみくだいているのだろうけどあいかわらず難しい。

カントールって誰なんだ。

カントール
ロシア生まれ、ドイツで活躍した数学者。

連続体仮説? 意味わからん。

連続体仮説
可算濃度と連続体濃度の間には他の濃度が存在しないとする仮説。

数学の話をしている水原警部のシーンはめずらしいかもしれない。

私は数学はてんでダメなので、水原とおなじように蟹に助けを求めることにします。いやぁ、数字は見てるだけで頭痛くなりますって。

胡にとってφは”死”と同義。

φ(ふぁい)
空集合をあらわす。

φの場所とは、実際には殺人がなかった場所。それは梁兄が殺されたと思われたいた最初の現場のことでした。そこで燈馬は、亡くなっているはずの胡と再会したのだった。

燈馬もまさか、こんな形で再開するとは思ってもみなかったでしょうね。

事件の真相は、呉←梁兄←黄←梁弟←呉ではなく、黄←梁弟←呉←梁兄←胡という殺害順番でした。

無限ループに見えた殺害順番には、こういうギミックがあったのでした。

超頭のいい連中が数学に取りつかれて身の破滅を招くのだから、頭の悪い私が数学何かやっちゃいかんのですよ(やってる数学のレベルが違う事実には目を背けつつ)。

生き残るために悪に手を染め、最後はマフィアのヒットマンか何かに撃たれて死亡。胡の人生はなんとも物悲しいものでしたなぁ。


多忙な江成さん

あなたにとってお婆ちゃん。あなたのお父さんにとって、私は母親……。

死んだ主人にとって私は妻……。でもね……。私にとって私は私なのよ。

 

祖母は、3人の男性と同時に付き合っていた。

祖母は連絡手段を携帯、メール、自宅の電話の3つ持っており、それぞれで別の男性とコンタクトを取っていたのだ。

メモが多いのは、自分の予定を管理するため。

 

ハリ
ハリ

3人同時は大変だもんね!

 

いくつになっても女性は女性。年齢なんて関係ない。そんなお話でした。

しかしなんとも抜け目のない女性です。

連絡手段はそれぞれ別。3人からの誕生日を祝いたいという誘いを断るために、家族での誕生日会を開く。別々の物を受け取ってしまうとどれが誰からもらったのかわからなくなってしまう恐れがあるから、プレゼントは統一させる。

なかなかの策士ですな。

1番笑えたのは、ホームズとモルダーが縄をヒュンヒュンさせながら燈馬を捕まえたところ。あれは卑怯だわ。そんなシュールなシーン見せられたら、燈馬もあ然とするわ。

「あなたは自分の乗る飛行機を、カブトムシに操縦させられますか?」

ホームズが前に出ようとして、クイーンに辛辣に返されるシーン。泣いちゃったホームズの明日はどっちだ。

縄を素手でぶち破る水原の怪力に、もはやツッコむのはあれですね。男だってそりゃ一発でKOされますわ。

というか燈馬、また1撃くらいましたね。デデキントの切断の時といい、よく殴られる主人公です。

年齢を重ねて立場は変わっても自分は自分。

祖母は若い時もだいぶブイブイいわせていた女性だったのでしょう。

それを「年取ったんだから自重しろ」ととらえるか、「年とってもそんなことできるなんて素敵」と思うかは読者しだいですかね。

私はそういう生き方も、いいと思いますがね。まぁ親族が気が気でないのも理解できますが(笑)。

以上、Q.E.D.証明終了。

コメント