スポンサーリンク

俺を好きなのはお前だけかよ アニメ 第1話 『吹きまとめ』

アニメ
スポンサーリンク

俺を好きなのはお前だけかよ 第1話『僕ってほんと、どこにでもいる平凡な高校生なんだ』 原作・・・駱駝 原作イラスト・・・ブリキ アニメーション制作・・・CONNECT 監督・・・秋田谷典昭 キャラクターデザイン・・・滝本祥子 製作・・・「俺好き」製作委員会





スポンサーリンク

概要

タイトル 俺を好きなのはお前だけかよ
著者 駱駝
監督 秋田谷典昭
放送期間 2019年10月~12月

感想(Aパート終了時)

アディ
アディ

秋アニメ、いよいよスタートですね。

エダハ
エダハ

主人公は如月雨露。通称ジョーロ。どこにでもいる平凡な高校生らしい。

ココナ
ココナ

日向葵。通称ひまわり。巨乳の幼馴染がいる時点で、ジョーロは平凡な高校生ではないのでは……。

スコウ
スコウ

大賀太陽、通称サンちゃん。野球部のエースらしい。

ターヤ
ターヤ

ひまわりは、いつまでも変わらない関係というのは嫌みたいだな。えーっと普通なら主人公の事が好きで恋人になりたい、という話になるのだろうけど……。タイトル的には違うのかな。

ダフネ
ダフネ

秋野桜。コスモスと呼ばれているのね。

ドキ
ドキ

コスモスって、秋桜と書くのか。

ニゼ
ニゼ

ジョーロに、サンに、花の名前のヒロインたち。

ネウン
ネウン

↑ あとは二酸化炭素と葉緑素が欲しい所ね。

チアキ
チアキ

明日はジョーロとコスモスのデート。

ホトラ
ホトラ

どこが普通の平凡な高校生なんだ。デートの予定、入りまくりじゃないか。

ヒカゲ
ヒカゲ

コスモスが好きな人は──サンちゃん。まぁそうなるな。去年の地区大会の決勝を見て、感激したらしい。

ヌキ
ヌキ

↑ _(┐「ε:)_ズコー

ダフネ
ダフネ

↑ このタイトルじゃなかったら視聴者が暴動を起こしていた所ね。

マシナ
マシナ

コスモスは、サンちゃんが壁に頭を打ち付ける所を目撃して恋に芽生えてしまったらしい。

ニゼ
ニゼ

コスモスとサンちゃんの仲をジョーロが取り持つ事になるのね。

ドキ
ドキ

日曜日はひまわりとのデートか。もうなんだか先の流れが読める気がするわ……。

ヒカゲ
ヒカゲ

↑ ひまわりもサンちゃんの事が好きなんだな。こっちの仲介もしなきゃいけないのか。

ミタキ
ミタキ

ちょっとこのヒロインたち、主人公に対しての仕打ちがひどすぎるんじゃないかしら。いちいちデートしなくてもいいじゃない……。

ホトラ
ホトラ

ひまわりも、頭を壁に打ち付けるサンちゃんを見て恋をしたらしい。

ユザノ(笑
ユザノ(笑

っざっけんなーwww!!!!!!!

フシン
フシン

ジョーロは、サンちゃんにフラれた方を狙うという”おこぼれ狙い”なのか。主人公としてそれはどうなのか。

感想(Bパート終了時)

ユザノ(笑
ユザノ(笑

どこにでもいる平凡なモブwww。

ニゼ
ニゼ

あかん、主人公の視点が闇落ちしてる……。

ドキ
ドキ

曇天が主人公の心理をよく表してるわね。

ターヤ
ターヤ

ひまわりを〇っ〇扱いしてるけど、一応彼女がフラれたら狙う予定なんだよな。

ケイア(困り
ケイア(困り

ひまわりに演技は無理っぽい……。

エダハ
エダハ

コスモスはアバ〇〇扱いなのか。

ウセン
ウセン

コスモスも演技下手なんだね。普段はあんなに堂々としているのに。

アン
アン

三色院菫子。通常パンジー。三色菫でパンジーと読むのね。

ホトラ
ホトラ

↑ 主人公にだけ毒舌なのか。ストーカー属性持ちっぽい。

ドキ
ドキ

パンジーが好きなのはジョーロなのね。毒舌と毒舌でちょうどいいんじゃないかしら。

ダフネ
ダフネ

性格がちょっとアレでも、パンジーはかわいいし彼女としては申し分ないんじゃないかしら。

ゾイヤ
ゾイヤ

主人公は、本音と建前を上手く使い分けているみたいデスネ。

感想(全体)

アネ
アネ

思いの外、面白かったですね。

ケイア
ケイア

主人公が不憫ね。

エダハ
エダハ

ひまわりとコスモスは、そのうち主人公が好きになるのか?

ココナ
ココナ

サンちゃんは聖人なのか悪人なのか。

ゾイヤ
ゾイヤ

もうパンジールートでいいヨウナ……。

ミタキ
ミタキ

あれだけ男性に過度なタッチをしておいて他の男が好きというのもいかがなものかと思うのだけど。

シイラ
シイラ

花の名前の勉強になるな。

マシナ
マシナ

ここから、どういう物語になるのか。見ものだね。


関連商品


プチ感想

男は触られただけでもホレてしまう単純な生き物なんや……。過度なボディタッチはやめたげて。

サンちゃんも主人公と同じような二面性を持っているか、ただのドMと予想しておこう。


コメント