スポンサーリンク

お江戸の役人 面白なんでも事典

資料本
スポンサーリンク

江戸の平穏を守っていた仕事人たち。

〇〇奉行以外にも、いっぱい仕事がありました。

(簡易紹介記事)


タイトル お江戸の役人 面白なんでも事典
著者 中江克己
発行者 安藤卓
初版発行 2010年10月18日
スポンサーリンク

お江戸の役人の名前、知ってますか?

「老中」は学校で習いましたね。寛政の改革の松平定信や、天保の改革の水野忠邦などが有名です。現代でいう総理大臣のような立場で、4~5人が就き、交代制で担当していました。

他に一般的に名前が知られているのは、勘定奉行、お庭番、岡っ引きなどでしょうか。

でもそれぞれ、一体どんな仕事をしていたのか、ちゃんと答えられる人は少ないのではないでしょうか。

ちなみに勘定奉行は財政担当役職、お庭番は隠密役職でスパイをし、岡っ引きは役人の手先です。

 

マコ
マコ

わたしは、勘定奉行になりたい。お金が好きだから。

マイナーよりだけど興味深い役職がいっぱい

将軍の秘書「側用人(そばようにん)」、将軍の家庭教師「儒者(じゅしゃ)」、重罪人を取りしまる「火付盗賊改(ひつけとうぞくあらため)」、天文の熟練者「天文方」などなど、多種多様なお仕事が江戸にはありました

怖そうなものには「首斬り役人」、というものがありました(正式名称ではなく俗称だそうですが)。罪人となった者の首を、斬り続けたそうです。

本書では

まだまだたくさんのお役所が紹介されています。また江戸の役人事情に関する豆知識も収録。

少し興味がある人は、本書で調べてみるのも面白いかもしれません。

コメント