スポンサーリンク

八月のシンデレラナイン アニメ 第4話 『吹きまとめ』

アニメ
スポンサーリンク

八月のシンデレラナイン 第4話『分かれ道に立っても』



前回の続き。



スポンサーリンク

概要

タイトル 八月のシンデレラナイン
開発・発売元 アカツキ
監督 工藤進
放送期間 2019年4月~6月

アバン

アディ
アディ

5点差をたったのイニング2回でひっくり返したのね。

アネ
アネ

↑ 有原の、あきらめない心の勝利ね。

エダハ
エダハ

ちょいちょい作画の元気がなくなって来てるな。頑張ってほしいものだが。

ミタキ(両閉
ミタキ(両閉

↑ 場面転換も怪しく不自然な場所があるわね。「これで私の野球~」の前とか。

キルノ(炎
キルノ(炎

最後の回に逆転満塁ホームランか! すごいな!

放送実況(Aパート)

ウセン
ウセン

有原は半年くらい、野球をやっていなかったのか。

クヤ
クヤ

ともっちはいい子ね~。

ダフネ
ダフネ

そういえば、”練習を1日休んだら取り戻すのに3日かかる”ってよく聞くけど、あれって根拠あるのかな。

シャラ
シャラ

↑ うーん、どうだろうね。スポーツの常識みたいに言われてるけど、迷信じみてる部分が多いみたい。無理して続けても逆効果じゃね、と鼻で笑う人も結構いるようだよ。

ターヤ
ターヤ

有原たちの高校、偏差値高かったのか。

ケイア
ケイア

野球部成立まであと1人ね。

ココナ
ココナ

↑ 生徒会のどっちかかな。と思ったけど、あのライバルキャラっぽい東雲が加入するのかな。

シンク
シンク

鈴木がキャッチャーなのね。なんとなくそのポジションは、ごつい人の役割って印象だけど……。細い彼女に務まるのかしら。

ニゼ
ニゼ

↑ 洞察力が優れているという意味では、キャッチャーに向いているかもしれませんね。

ヒカゲ
ヒカゲ

野球漫画とかだと試合中、キャッチャーの人めちゃくちゃ考えながらやってるけど、現実の野球でもあそこまで戦略練りながら戦っているのか?

ホトラ
ホトラ

↑ 以前の試合の球のコースとかよく覚えてられるよな。

ユザノ(両閉
ユザノ(両閉

作画班、頑張って……。

放送実況(Bパート)

ミタキ
ミタキ

東雲のトライアウトの日か。

マシナ
マシナ

さすがにあの応援はどうかと思うけど……。いや、現実のトライアウトでもあんな応援とかあるのかな。

ネウン
ネウン

クラブチームだと草野球と違って、公式大会に出場できるのね。

チアキ
チアキ

背中が煤けてる、この作品でそのセリフが聞けるとは思わなかった。

インコ(両閉
インコ(両閉

(フェンス越しに描く顔って難しいのかな……)

エダハ
エダハ

東雲、ホームに飛び込んだ時、うつ伏せだったのか仰向けだったのかどっちなんだ。

キルノ
キルノ

トライアウトは不合格だったのか。

クヤ
クヤ

↑ まぁ、クラブに入ってしまったら、有原たちと一緒に野球できないしね。

ケイア
ケイア

これで9人そろったのね。ちょっとキャラがたっていた、生徒会の人たちは物語に絡んでこないのかしら。

シンク
シンク

ポジションの話はどうなったのかしら? キャッチャー以外、まだ決まってないような……。

ミタキ(両閉
ミタキ(両閉

(ツッコむのは野暮かもしれないけど……。東雲は同好会をバカにしていたような気がするのだけど、入部はするのね)

ユザノ
ユザノ

次週、もう試合をやるのか。負けてケンカの流れかな。

マシナ
マシナ

ストーリーはわりと好きだけど、作画の息切れ具合が気になるね。



コメント