スポンサーリンク

ヨーロッパの「古城・宮殿」がよくわかる本

資料本
スポンサーリンク

欧州の歴史はお城とともにあり──。

(簡易紹介記事)


タイトル ヨーロッパの「古城・宮殿」がよくわかる本
監修者 桐生操
発行者 安藤卓
初版発行 2010年7月20日
スポンサーリンク

権力の象徴か、政変の象徴か。

ヨーロッパのお城を、じかに見たことがありますか? 私はありません(笑)。生きているうちに、1度くらいは見に行ってみたいものです。

ヨーロッパのお城や宮殿は、政治ときってもきりはなせません。また、面白いエピソードがてんこもりで、枚挙にいとまがありません。

・革命に沈んだあのマリー・アントワネットが住んでいた、ヴェルサイユ宮殿。
・6代にわたって女性が城主をつとめた、愛憎劇で有名なシュノンソー城。
・巌窟王の舞台となり、有名となったイフ城。

などなど。とても語りつくせない様々なお城が、今なお残っています。

 

マコ
マコ

私もお城ほしいわ。

ヨーロッパのお城の、興味深いエピソードが満載。

本書では、ヨーロッパ各地のお城、82城を収録

そのお城にまつわる、逸話や豆知識も掲載されています。また白黒ですが、写真もついています。

また、主要城主はだれか、どこにあるお城なのか、竣工年がいつなのか、ゆかりのある人物は。といった情報も、一目でわかるようになっています。

既存のお城マニアはもちろん、人気ブラウザゲーム『御城プロジェクト:RE~CASTLE DEFENSE~』などでヨーロッパのお城に興味のある方も多いと思います。

ぜひ本書を手に取り、ヨーロッパの歴史を勉強してみてはいかがでしょうか。

コメント