スポンサーリンク

エンゲージプリンセス プレイ日記13

トップ ブラウザゲーム
スポンサーリンク

開発元はストレートエッジと電撃文庫。KADOKAWAが運営する『エンゲージプリンセス 〜眠れる姫君と夢の魔法使い〜』プレイ日記13。


前回の続き。

14



スポンサーリンク

イベント

クロンカイトの2話目が来ていた。

そういえば、胸の谷間に何らかの紐が通っている事を、『π/(ぱいすらっしゅ)』というらしいね。

なんともわかりやすく、また言いやすい言葉な事で。

こちらが、クロンカイトのカットイン画像。


サブシナリオ(探究者)

本日は、こちらのシナリオをやっていく。

電気街の”ウエスト”ストリートという事で、ちょっとその単語には反応してしまうね。

ウエストストリートは、探究者と呼ばれるナイトメアが住まっているらしい。純粋な意味で、ナイトメアによって作られた街だそうだ。

特に何事もなく終了。

ただ、

レムレスが、なにやら意味深な事を言っていたね。

スムーズに進行。

レムレスの謎めいたセリフの答えは、特に提示されなかったかな。それともネオンが『ENキャッチャー』でどこかしらで捕らえたエネミーが脱走していたというオチ──ではないよな。

世界に歪みが生じてうんぬんかんぬん、というパターンかな。いや、まだわかんないけど。


サブシナリオ(ネムネムの帰郷)

続いて、こちら。

ネムネムの帰郷話。

これが『キノの旅』だったら、流行病で故郷が全滅していて骸の山になっていたあげく勘違いでキノに撃ち殺されるオチがつくけど、エンプリでそんなストーリーにはならないだろう。

というか、そんな事になったらそれこそまさしく、歴代衝撃度NO.1、かもしれない。

まぁとりあえず、水浴びしている少女がいたら警戒する事にしよう。もし見つけても、決して銃を持って近付いてはいけない……。

スムーズに終了。

水浴びをしている少女に出くわす事はなかった。僥倖。

クラリッサはロリコン。なるほどなるほど。

消費AP9だけあって、雑魚敵がなかなか強い。

ボス戦に不安が募る。

ウィル・オ・ウィスプのカットインが入ると、複数人に200ダメージくらい入ってたね。これは痛い。

ウィル・オ・ウィスプっていろんなゲームに登場するけど、私が最初に知ったのはぷよぷよだったかな。

スフィンクス! スフィンクスじゃないか! 久しぶりだ!

と、久々の登場に歓喜するもわりと瞬殺だった。前哨戦の方が苦戦したね。

主要キャラのシナリオだけあって、結構長いね。雑魚敵に苦戦するようなら、このシナリオは後回しにする事になるかもしれんな。

ウィル・オ・ウィスプに何回か退場させられるも、なんとかクリア。攻撃力が高いわりに、2匹同時に出てくるのが嫌らしい。

誰も退場せずに終了。スフィンクスはもはや癒し。

ようやくキャラット村に到着。ネムネムの家は、温泉宿に改築されていた。

水浴びじゃなくて湯あみ中の少女に出くわしそうな展開だけど、もう村に着いたからセーフ。キノに銃口を向けられる心配はなし。

陰謀? あふれる村のようで、レムレスがピンチに。

ネムネムのヒミツが明らかに(笑)。

そうか……。

ネムネムの持ってるあれは電〇だったのか……。

いきなりのボス戦。ここが最後かな。

レムレスにイタズラしようとしていたチュチュとのバトル。カットイン攻撃で500くらいダメージをもらったものの、勝利。

どうやらシナリオはここが最終地点ではないらしいが、

記事ではいったん終了。

こんな長いシナリオだったとは、予想外。


石投入

ユニット上限

                  ↓

プレゼントに押し込められたままの子が出てきてしまったので、ユニットの所持数を100まで引き上げた。

受け取り期限には余裕があるけれど、星5の子がプレゼントに入れっぱなしなのは心臓によろしくないね。


12

14

コメント